打ち切り (漫画)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「打ち切り」の項目を執筆しています。

漫画における打ち切り(う-き-)とは、関連するメディアミックスコンテンツやコミックス等の販促を目的としたテコ入れの一種である。

概要[編集]

誌上連載を行う漫画は基本的に、掲載誌の売り上げを稼ぐ為に存在している[要出典]。しかし世の中にはコミックスで纏め読みする派やアニメで十分派など[1]、本誌にあまり興味がない読者も少数だが存在しており、彼ら彼女らはコンテンツとして作品を愛してくれるものの本誌売り上げには貢献してくれない。

そういった層を切り捨てるという考えもあるにはあるのだが、それでは顧客の為にならないし幾ら何でも横暴である。むしろ彼ら彼女らが本誌にも興味を持つような、素敵なサプライズを用意しても良いのではないか。また突然連載が終わる、というのは相当な話題となる。話題になれば本誌もコミックスも当然売り上げアップが期待できる。更には連載期限が一気に短くなった事で、クリエイター側も大きな刺激を受けて成長し、次の連載で大ヒットを飛ばすかもしれない。

そんな思惑から、連載自体をサプライズ終了させコミックス等にプレミアム感を持たせるのがいわゆる「打ち切り」という手法である。なお打ち切り対象となる作品は、連載が間延びしたりクリエイター側が体力的に厳しかったりでシナリオが伸び悩んでいるものが多い。これはもちろんクリエイターやコンテンツの潜在能力に期待を賭ける目的がある為であり、多くの若いクリエイターにとって打ち切りは人気クリエイターへの登竜門と言えるだろう。

打ち切りによるサプライズ展開[編集]

連載打ち切りが決まると多くのクリエイターはこれまでのシナリオを刷新し、これまでの伏線を全て回収したり学園ラブコメから異世界ファンタジーになったり様々な衝撃展開を繰り広げる。この予想を大きく裏切る超サプライズは、多くの読者の度肝を抜く事となり、結果として掲載誌や後日刊行されるコミックスの売り上げに貢献するのである。そしてそれはクリエイターの地力アップにも繋がり、次回作以降への期待を高めこれまた売り上げに貢献してくれる。

更にコミックスでの書き下ろしを豊富にサービスし、連載で全話読んだ読者も思わず買いたくなるという嬉しい要素も。また『霊戦記行SHIVA』のように連載分より書き下ろしの方が遥かに多い[2]作品も存在する。こうなるとコミックスを買って楽しむ以外に打つ手がなく、ファンにとっては嬉しい悲鳴モノだろう[不要出典]

打ち切り作品の中にはファンの声に応えて二期を始める場合[3]もあり、サプライズによる刺激が如何にクリエイターのポテンシャルを高めてくれるかという証左となるのである。

脚注[編集]

  1. ^ 女子に多い回し読み派や、ネットで落とす派など多岐にわたる。
  2. ^ コミックス全3巻のうち、連載分は2話のみ。
  3. ^ アウターゾーンやライジングインパクトなど。

関連項目[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg 打ち切り (漫画) は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、打ち切り (漫画)加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)