オリヅル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オリヅル」の項目を執筆しています。
折り鶴
諭吉さんの折り鶴.jpg
オリヅル Grus papyrus
分類
0 0:0動物界0Animalia
0 0:0脊索動物門0Chordata
0 0:0鳥網0Aves
0 0:0ツル目0Gruiformes
0 0:0ツル科0Gruidae
0 0:0ツル属0Grus
0 0:0オリヅル0G. papyrus
学名
Grus papyrus0Linnaeus, 1758年
和名
オリヅル
英名
Paper Crane

オリヅル(折鶴、折り鶴、英: Paper Crane)とはツル目ツル科ツル属に分類される鳥類。直線的な体が特徴。比較的小型の個体が多いが、大きさは多様である(後述)。

日本原産の種であり、生物学における和名オリヅルは、日本で呼ばれ親しまれている「折り鶴」をそのまま採用したものである[1]

生物としてのオリヅル[編集]

ツルは一般的に水鳥渡り鳥といった印象があるが、オリヅルの羽は「折り紙」と形容されるほど水に弱い。このような羽を持つようになったのは、飛ぶための軽量性確保のためと、外敵から発せられる超音波赤外線といった索敵装置から身を隠すために、平面の多い形状に進化したからだ、と考えられている。

また、世界最小のオリヅルは、羽の両端間の長さが約0.1ミリメートルの個体[出典 1]である。小さい個体であればあるほど飛行能力・隠蔽能力の点で他の個体よりも有利になるが、寿命・食物の獲得性などの点で劣ってしまう。

逆に、世界最大のオリヅルは、羽の両端間の長さが約82メートルの個体[出典 2]であり、2009年ごろに発見された。この個体は遺伝子操作によって作成されたものであると主張する考えもあるが、ギネスブックに記載されている世界最大のオリヅルはこの個体である。また、この個体を発見したのは「ピースピースプロジェクト」と呼ばれるピース系の有志団体である。

折り鶴と文化[編集]

折り鶴は日本に古くから存在している動物であり、文献としては江戸時代ごろのものが知られている[2]

日本において長寿の象徴とされる動物であるが、鶴の中でも軽量な折り鶴は、特に「故人・病人への祈祷」とする習慣がある。

また、折り鶴を1000羽捕獲して病院といった場所に奉納する風習は千羽鶴と呼ばれている。なお、一部地方では灯篭流し流し雛のように折り鶴・千羽鶴を河川に流す風習があるが、折り紙と形容されるような水に弱い羽を持つ種であるため、その羽が溶け出してしまうこともあり、一部の動物保護団体はこれらの風習を批判している[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ なお、「日本産のツル」という意味のG. japonensisはすでにタンチョウの学名であり、学名は「紙のようなツル」を意味するG. papyrusとなっている。
  2. ^ 井原西鶴の『好色一代男』(1682年)など

出典[編集]

  1. ^ 世界最小のオリヅル [1] 2017年11月19日閲覧
  2. ^ 世界最大のオリヅル [2] 2017年11月19日閲覧

関連項目[編集]