拝火教対策法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Justice and Law 2.png
法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。

拝火教対策法(くたばれはいかきょうとほう)は拝火教喫煙による煙害対策として施行されたらしい法律であるが、名称からしてマトモでない為、無視されることが多い。

概要[編集]

「健康最高よね! そうよね! 私が決めたんだから、そうに決まってるのよ!」と信じてやまないWHO荒行認定により、拝火教修行者が排出する煙により多数の死亡者が出ると危惧された事、何となくたばこメーカーが気に入らないので決めてみた事、思いの外若年者の信徒が大量に増加したため政府転覆を謀られては・・・と抑制案として作られた模様。因みに参考資料はアメリカ禁酒法らしい。

各種内容[編集]

対策法により、様々な規定や条項などが制定された。以下に記載する。

被害啓蒙[編集]

一例

荒行に対しての危険性を万民に知らしめるべく、ポスター等で啓蒙を行っている。どんな人間も一様に注目し理解が進むという点で、日本のジャパニメーション漫画萌え要素の影響が強いのが特徴であり広告もその方向性に同調している。切っ掛けは世界保健機構涼宮ハルヒによる独断。

表現規制[編集]

規制の実例

涼宮ハルヒに脅されるのが怖くて自主規制から始まっているが、アニメキャラクターなどの礼拝行為を改ざんして目に触れないようにしている。逆に積極的に礼拝シーンを挿入する作品もあり、さながら宗教戦争の様に火花を散らして牽制しあっているのが実情。

警告文[編集]

たばこの包装に記載される。ヨハネ・クラウザー2世観月姉妹等も採用された。

  • 拝火教の荒行は他人をSATUGAIする!
  • あなたの健康を損なう恐れがあるので過剰な荒行に注意しましょう。修行マナーを大事に。
  • その煙には~っなんだかよくわからない物質が出るからと~ってもとってもっ危険だよっ!
  • ガンになるぞガンになるぞガンになるぞガンになるぞガンになるぞガンになるぞ(記載欄がこれで埋る)
  • 荒行のしすぎはインポテンツになる恐れがあります。貴方は大丈夫?(扇情的な二次元画像が挿入される)

パッケージ変更[編集]

たばこのパッケージをコンドームの箱に似せるように変更し、アダルトショップでの販売をしている国に置いて不自然に浮いてしまわないようにとの配慮から。変更が進み、デザインがどっちか解らない程にまでされているのが近年の傾向。このパッケージ変更により子供から遠ざけられコンドームが買いやすくなると言う素晴らしい結果になっている。

販売規制[編集]

アダルトショップだけでの販売になった国もあるが、子供が入れないから。一般的な規制としては身分証の提示や1日の消費量を規定するなど。日本においてはTASPOという管理システムを導入する予定であり、購入しすぎると自動販売機から禁煙教育アニメが流され見終わらないと購入できない。一部拝火教教徒においては不満から、対面による直接購入だけを行うと宣言した信者も存在するが、コアなアニメファンからはその無駄な出来の良さをインターネッツで詳細を聞き及んでおり、チェックするためにわざわざ制限に引っかかろうとする、別の意味で販売促進になっている。因みに音声はかなりの大音量らしいので、かなり恥ずかしいと思われる。

関連項目[編集]


この項目「拝火教対策法」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)