推薦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

推薦(すいせん)とは、団体活動において頭が良かったりハブられたりしている、いわゆる『目立つ』人間に『代表』という名目で雑用係を押し付ける、遥か昔から続いている人身御供の制度である。

概要[編集]

団体活動において雑用係や掃除係などの面倒で希望者が少ないであろう役職において、実際に希望者を募ったら誰もいなかった、という場合に行われる。誰もやりたい人間がいない、あるいはやりたくない訳だが、しかし役職が存在する以上は誰かがやらなければならないため、団体内における多数決で決められる、というケースがほとんどである。大抵の場合は、その中で特に頭脳明晰、あるいは浮いている、いわゆる『目立つ』人間が推薦の犠牲になる。また、運悪く当日に欠席していた人間は反対意見を述べる事ができないため、後日出席したら勝手に決められていたという事例も多々見られる。その他にも、嫌いな奴を人身御供にする、いわゆる『いじめ』という悪弊の温床ともなっており、早急な改善が求められている。

例外条件[編集]

推薦入試[編集]

推薦入試とは大学入試において、教員のお気に入りな学生を当人のレベルより遥かに高い大学に進めさせてあげる制度である。通常の推薦とは異なり、学生自らが志願する形態をとる。これを志願する学生は大体において学力が皆無なので、実力主義たる大学では全く通用せず留年退学するケースが多いニート予備軍である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「推薦」の項目を執筆しています。
林修03.png 「でも」や「しかし」、こういった接続詞があなたの「推薦」への加筆を邪魔している。…じゃあ、いつ加筆するか?今でしょ! (Portal:スタブ)