携帯情報端末

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

携帯情報端末(けいたいじょうほうたんまつ)とは、ウェアラブルコンピューティングにおける携帯の利便性を備えたコンピュータのこと。

概要[編集]

携帯情報端末は、携帯利便性を考慮して、小型・軽量でかつ必要な機能を備えているコンピュータを指しており、この小型携帯性と情報処理能力により、様々な利便性を供えている。これらは、様々なメーカーから発売されている事から機能は一様ではないが、そのいずれもが利用者にとって便利なよう工夫されている。

例えば、この装置は入力した情報を確実に記録できなければいけない。また、入力した情報をいつでも参照できなければいけない。更には、様々な機能を追加するなどして、利用者の要求に答えなければいけない。そしてそれらが携帯性に優れた小型・軽量で無ければいけないのである。

携帯情報端末市場[編集]

現在、この要件を備えるものとして、様々なメーカーから様々な製品が発売されているが、そのいずれもが必ずしもユーザーの要求に答えているとは言いがたく、過去にはPalmファミリー(ソニーなど)やMicrosoft Windowsファミリー(Microsoft Windows CEを使ったCOMPACなど)、あるいはシャープザウルスなどが発売されていたが、そのいずれもが明確な市場を維持できておらず、専ら電子機器マニア向けの玩具となっているのが現状である。

しかしその一方で携帯電話はその高性能化により、この携帯情報端末の市場に進出しつつあり、様々な機能を付加した製品が出まわっている。ただこれらも、多機能化の一端で高性能化はしたものの、単にデジタルカメラデジタルオーディオプレーヤーとしての付加機能に特化した各々の製品があるだけで決定打とはなっておらず、メーラーインターネットブラウザ搭載機種にしても、学生層を中心に利用者が多いというだけで、誰にでも利用できて誰からも利用されるという性質のものではない。

しかし下は小学生から上は高齢者まで、平社員から会社重役まで幅広く利用されている、くわえて20年以上前から普及していて、上に挙げた必須要件を全て備えた製品も存在している。この製品は誰にでも等しく使え、入力された情報はいつでも閲覧でき、必要な機能は好きなだけ追加できる。

それは鉛筆システム手帳である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「携帯情報端末」の項目を執筆しています。