改行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

改行(かいぎょう)とは

、己の
罪業を
神に懺悔
し、行いを改

るこ
とであ
る。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア
欠落症患者
のために、
ウィキペディアの
専門家気取り
たちが
小西来山」の
項目を
執筆して
います。
「来山(らいざ
ん)は 生まれ
た罪で 死ぬるなり そ
れで恨みも 何
もかもな
し」
改行 について、小西来山


は生まれながら
にしてそ
の望む望まざるに
関わりなく罪を背負って
いるのはアダムとイヴの伝承に言及するまで

もなく、生き
ることはその罪の積み重ねにして同時に
償いでもある。あ
る罪
を贖うために
と行いを
改めてみたの
はいいのであるが、今度はまた別の(しかも前の罪と矛盾
した)罪を犯してしまっている、というまさ
どつ
にはま
り落ち込みもがき
苦し
みながら、死
ぬまでにどうにか
イーブン(プラスマイナスゼロ)に出
来れば辛うじ
天国へ、マイナスのままであれば当然の
ごとく
地獄へ落とされ
てしまうとい
う、
酷なゲ
ームなのである。人生は
。そのた
め人は常に

変わ

続けることを余儀なくされており、「
生まれたままの姿
」など汚らわしいにもほどがあり、下着は毎日変えるべきであり、昨日と同じ今日
などあっては

らず、今日と同じ明日を迎えかつ送るなどは言語
道断と言うべきなの
である。昨日と同じ今日もしくは今日と同じ明日であれば
、その
一日を生きて

る意味などなく、まさに命を授けて下さった神へ対
する冒涜というも
のであり、今すぐそ
の怠

な生き方を神に懺悔し
、心を入れ替え、行い
を改めるべ

自分探しの旅
にでも出
るといいのである。

「ね
がわくは の下にて
 死なん そ
如月
の 望月の頃
改行 について、西行法師

関連項目[編集]