救急車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

救急車(きゅうきゅうしゃ)とは、善良な市民の生活を脅かす珍走団が走らせている車両である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「救急車」の項目を執筆しています。

概要[編集]

救急車は迷惑な暴走行為を続けている車両である。 顕著な特徴として白装束のような色合いのボディーと、鮮血のように赤いランプがあることが挙げられる。珍走団が暴走行為を行うときは156m先まで見渡せる赤いランプを照らしながら徐々に高くなったかと思ったら、低くなるサイレンを鳴らし、人々を恐怖の底に叩き落としている。

市民の反応[編集]

救急車の最大の暴挙は交通ルールの無視が挙げられる。救急車はサイレンを鳴らして暴走し、信号無視をし続けあたかもタイムアタックをしているかのように一分一秒を惜しんでフルスロットルで峠を下ってはスラローム走行、S字ドリフトを決め爆走する。周りの自動車は救急車を恐れ、青信号にも関わらず赤信号側から激走する救急車に道を譲る。彼らはマナーで譲るのではない。譲らなければならないという暗黙のルールに拘束されているだけである。

暴力団や桜田門組との関係[編集]

上述したように救急車は道路交通法を度々違反している。しかし、いつまでも野放しにされ続けている。その理由として桜田門組との癒着が推測される。救急車がいくら危険運転しようと見て見ぬ振りするばかりか、事故の隠ぺいの手助けもしている。 救急車がけが人を搬送している場面がよく見られるが、それは善良な市民を事故に合わせた後車の中に連れ込んでいるだけである。恐ろしいのは搬送中にヤクザ医師気分が楽になる薬を、有無を言わさず注射された後隔離施設に閉じ込められ、クスリ漬けの生活を余儀なくされる。それならまだしもマシな方で、残虐な例としてけが人の体を切り刻み、臓器等を切除されることもある。マスゴミ一身上の都合により病院へ搬送中に死亡とのみ語っているが、実際は臓器売・・・おや、誰か来たようだ...

近年の動向[編集]

流石に頭があれな民衆をだまし続けるのに厳しいと判断した桜田門組は、けが人を病院まで送迎するサービスを始めた。これにより足腰の弱いお年寄りや病院で待たされることを厭うゆとりは救急車の暴挙のことなど気にせず感謝し続ける。しかし、近年利用者が増え続けているため有料化する場合も存在する。[1]どうせ運ぶなら重傷者を粛清されました

関連事項[編集]

  • 消防車 救急車が市民を轢き殺して染まった血で赤く輝く。放火活動を行っている。
  • 黄色い救急車 救急車の塗装が剥げて黄色くなった救急車。テロリストを派遣して破壊活動を続ける。
  1. ^ 増える救急車出勤/有料化は必要か http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/306/


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第28回執筆コンテストに出品されました。