教員採用試験

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「教員採用試験」の項目を執筆しています。

教員採用試験(きょういんさいようしけん)とは、中学校または高校の教員を志す者が受験する試験であり、一般試験縁故試験の2種類がある。

試験内容[編集]

一般試験[編集]

受験者には一般教養教育に関する知識・実技・面接などの試験が課せられ、その合計点によって合否が決定する(一般に1000点満点)。

縁故試験[編集]

縁故試験とは、地元の有力者や教育関係者の子息が受ける教員採用試験のことである。まず、受験者は一般試験受験者と一緒に上記の試験を一通り行う。その後、試験担当者への賄賂や受験者の家柄によって、点数が加算される。なお、縁故試験の受験者の合格率は何故かほぼ100%である。 また、当試験と一般試験が同時に行われる際は、何故か一般試験には採点ミスが多発する。

縁故試験の加点方法[編集]

賄賂
試験の採点等を行う担当者に送った金銭・商品券貢ぎ物等の賄賂の金額に応じて得点が加算される。具体的には、金額1万円につき1点が加算される。つまり、100万円の賄賂を送ったならば、試験の点数が100点加点されていると考えてよい。
家柄
受験者の親の職業によって、相当量の加点が行われる。以下は親の職業と加点の例。
仲介者
受験者の家柄が良くない場合でも、有力者を仲介して縁故試験を受験したならば、さらに加点が期待される。例えば、ごく普通の家庭の子息がこの試験を受けた場合、ただ普通に受験しても加点はそれほど望めない。しかし、地元の議員や有力者に仲介してもらうことで、十分な加点が期待できるようになる。もっとも、仲介者になれるほどの有力者が身近にいればの話だが。

受験日程[編集]

受験者受付
一般・縁故の両試験の受験者は決められた手順に従って願書を提出する。縁故試験の受験者は願書提出と同時期に、受験者の親(または仲介者)が試験担当者と秘密裏に接触し、そこで縁故試験受付を済ます。この時、上記の賄賂を持参することで、効果を高めることが可能である。
受験
一般・縁故の両受験者が各地の決められた場所に集合し、各試験を行う。その際、各受験者が一般・縁故のどちらの試験を受けているのかは、受験者には分らないようになっている。試験終了後、試験担当者が各受験者の得点をコンピュータに入力する。
加点(縁故試験受験者のみ)
試験が終了した後、縁故試験を担当する試験担当者がこっそりコンピュータに近づき、縁故試験受験者の賄賂等の内容に応じて、必要量の加点を行う。あるいは、一般試験受験者の得点を下げて、縁故試験受験者の点数を相対的に上げる場合もある。

歴史[編集]

元々、教員採用試験には縁故試験などという制度はなく、全ての受験者は自らの努力によって合格を勝ち取る必要があった。ところが、このような制度により、下賤な一般庶民までもが教育界に参入してくる結果となってしまった。下賤な一般庶民の参入によって教育界が荒廃することを恐れた教育委員会が縁故試験を導入したことによって、教育界の高貴な血統は保たれるようになったが、後述するように新たな問題も生じている。現在、縁故試験は大分県などを中心に全国各地で行われている。その大分県では問題が発覚するや否や縁故試験をなかったことにしてしまい一般試験のみで合格者を過去に遡って決定する事を発表したが、書類を既に廃棄している為ネコ型ロボットの力を借りようと必死である。

問題点[編集]

少子化や縁故試験の影響で、一般試験の受験倍率は年々増加傾向にある。そのため、あまりにも頭が良すぎて性格面に問題がある(子供とのコミュニケーションが図れない)ダメ教師が量産される結果となった。一方、縁故試験の多用の結果、ただ単純に知的能力が低いダメ教師も量産されている。結局、日本中ダメ教師ばかりになっており、もはや取り返しがつかない状況に陥っている。

関連項目[編集]