文化放送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

文化放送(ぶんかほうそう)は、関東地方を放送対象地域とする民間の放送局である。と偽装しているが実はインターネット放送により全世界配信を行いアニラジによる世界征服を画策するアクの組織である。コールサインはGKBRであり、「文化放送 文化放送 GKBR」のCMが多々流されている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文化放送」の項目を執筆しています。

概要[編集]

キリスト教系の『聖パウロ修道会』が布教なる日本侵略を狙って設立した会社だったが、放送法の壁のみならず修道院の壁にまでぶつかり続けてしまい、しかも、夜の修道尼に惚れてしまったため、今は夜のみ萌え主導のラジオ局となっている。

一応、ニッポン放送と共同出資でフジテレビを設立したが、箱根駅伝日本テレビ、東京女子マラソンはテレビ朝日と手を組むといった調子で一貫性が無いため、誰もフジサンケイグループだとは思っていない。しかも、一時金欠故にフジテレビの株ばかりか自らも旺文社なるガリ勉野郎の会社に乗っ取られ、一時はガリ勉君の番組ばかりが勢揃いのころもあった。オタクパワーの役員の元で、ガリ勉会社から自社の株を買い占めたため、今は夜のみ萌え中心の番組がならんでいる。今はゴミくず程度の株だがフジテレビの株を有している。

ニッポン放送がフジテレビの子会社となった今は全体として聴取率は良好とはいえないが、平日昼間に強いのが特徴で、やる気MANMAN末期の数字低下をすでに戻し、なぜかこの時間帯はトップでありニートに圧倒的な支持がある事がわかる。某カルト宗教団体がスポンサーにつく番組が多いので少し気味が悪いが、TBSと違い、比較的目立たない時間に放送をしている。全体的に控えめな放送局である。

混信が多いのは某国のKBS韓民族放送が500kWという馬鹿げた出力で放送しているためであり、わざわざ遠距離受信する視聴者(主に後述するオタク)を悩ませている。

アニラジ[編集]

夜の時間帯はアニメ声優オタ層を狙ったアニラジと呼ばれる番組を多数放送することで、他局との差別化を図った。

元祖であるラジオ大阪と共に、「日本最大のオタ局」の名を欲しいままにしている。2007年10月、12月には、連続して男子10代、20代の占拠率100%という、ニッポン総オタクを立証する快挙も成し遂げた。これが世に言う、文化大革命である。また、意外なことに女子10代のトップレーティング局でもあるが、これはジャニーズ事務所所属タレントの番組を放送しているためでもある。

平日はおおむね二本で、土日の深夜に番組が集中するのは、平日の番組は一般の中高校生もしくは野球ファンを対象としているのに対し、週末にしか時間の取れない社会人も聞けるようにとの配慮からである。

また、月曜深夜にのみ番組がないのは、隣の局で、リスナー層が重なる伊集院光の人気ラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」が放送されているからであり、局のスタッフ全員がリスナーであり、投稿職人も多くかかえているためであり組合の力で勝ち取ったものである。

このようにラジオ業界では一応の決着を見たオタ局ナンバーワンの栄光争いであるが、テレビ業界の場合は、現在もテレビ東京独立U局が熾烈な争いを繰り広げている。その動向には当局も深い関心を持っており、公安調査庁は監視を強めている。

例えばテレビ東京はアニメや旅番組や経済番組など比較的専門性の高い番組を放送しているが、あれは専門性の高い番組はその番組の視聴者に対して宣伝効果が極めて高く、スポンサーが就きやすいからであり、文化放送もアニラジを多く放送することによってスポンサーを獲得している。

アニラジを多く放送してるだけあって、この局に昔からゆかりのある声優(井上喜久子久川綾田村ゆかりなど)も多い。

特色[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

おそれいりますがこのままちょっとお待ちください.jpg この番組「文化放送」はまだパイロット版です。
実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)