文語/現代語訳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

全文現代語訳[編集]

文語とは、私の書いている古い言葉である。

概要[編集]

文語の成立はたいそう古く、奈良時代にまでさかのぼれる。しかし当時は仮名文字がなかったので、万葉仮名という漢字の当て字で書かれていた。(それは)万葉集などで見ることができる。
桓武天皇のご治世に入り、奈良が旧都となって後、仮名文字が古代の日本人の手によって作られた。遣唐使がなくなって後、藤原氏の栄華によって政治は安定し、和がもたらされ、文語によって書かれた文学がたいそう多く現れた。伊勢物語、竹取物語などを経て、道長の頃になって、源氏物語が現れた。これこそ文学の頂点であって、たいそうしみじみと趣がある。
またこの平安時代には和歌も極めてよいもので、構成の模範となるものが、現れた。古今和歌集である。「たをやめぶり」と、後に宣長は(これを評して)語った。
この後は枕草子、徒然草などの随筆、平家物語などの軍記物語、筑波の道(連歌)、能、御伽草子、歌舞伎、徳川政権時代(=江戸時代)の青本・黒本・黄表紙・滑稽本などの戯作小説などが現れたけれども、言葉は崩れ、係り結びは破れ、たいそう見た目がよくない文章が多い。これを憂えた宣長らは古代を模したる文(擬古文)を書いたけれども、これもまた調子がたいそう弱く、よくないものであった。

衰退[編集]

明治天皇のご治世(明治時代)に入って後、文語は廃れた。これは坪内逍遥らの言文一致運動のためである。しかし、古代の仮名遣い(歴史的仮名遣い)は残った。漱石、芥川、太宰などの文学は皆、歴史的仮名遣いによって書かれた。
しかしこの仮名遣いも、あの戦争(WW2)の後廃れた。文部省が仮名遣いを改め、助詞「は」「を」を除いてことごとく当時の人の発音に合わせてこれを使わせたためである。この(ここで改められなかった)「は」「を」も、現代ではギャルなどがこれを破って「わ」「お」と書くと言う。そうであるから文語は廃れたのだなあ。

古文との相違[編集]

  • 古文とは今の人が現在よりも古い文章を指していう言葉であるので、現代の人は(これを)使うことができない。またそうであるので現代人の文章も、後世から見たら古文であるに違いないだろう。しかし文語は、古代からあった言葉を指すけれども、古代の文章を指さないので、私のような現代人も使うことができる。
  • 古文はまた高校で現代人が学ぶ言葉をも指すけれども、文語はそうではない。現代人は学校では文語を学ばない。
  • 古文は筆を使って書くべきものだけれども、文語は必ずしもそうではない。
  • (アンサイの)古文の項目は一部に現代的仮名遣いが含まれているけれども、文語の項目はこれは含まない。また古文の項目は多くの現代の(注:ここの「当時」は古文用法)語彙を含み、本百科事典らしく嘘と矛盾が多く、自己言及はたいそう中途半端であるけれども、文語の項目はそうではない。(ただし文語は古代の言葉の規則(=文語文法)にしたがっていれば、語彙は古くなくてもよいものである。)

関連項目[編集]

  • 平安時代
  • 口語
  • 日本語
  • 漢字
  • かな
  • 漢文:これを読むとき、日本人は文語(の読み方)に従う。しかし(その読み方は)真の文語とは少し違いがある。
  • 古文:今はここ(=この科目)で文語を読むことは習うけれども、書くことは習わない。


カテゴリ:自己言及的なページ|読みにくい文章|言葉|真実を書いてしまった記事|日本語