斎藤桃子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「斎藤桃子」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「斎藤桃子」の項目を執筆してくれています。
ラムズ主催のイベントより
前列左端が斎藤桃子

斎藤 桃子(さいとう ももこ、1982年6月30日 - )は、M-78星雲生まれで、日本にやって来た宇宙人。ウルトラ警備隊に所属し、今は「ラムズ」という悪の秘密結社に潜入していたが、2008年2月正体がばれラムズを追放された。現在は追っ手と戦う日々である。斎藤 すももという一粒種の娘がいる。

来歴[編集]

小さい頃から、粘性惑星"イバラギ"でカブトムシを退治したり、ハヤシバラ惑星"オカヤマ"でトレハロース星人を退治するなど、正義と小銭稼ぎのために戦いの日々を続けてきた。地球の声優界に潜入する前は、レディースのヘッドをやっており、"イバラギのピーチ"を名乗っていた。

高校生の頃から日本の声優界に巣食う悪の秘密結社との戦いを始め、これまでに、小野坂昌也桃井はるこ神谷明はりけーんずしゅびっちといった怪獣を退治した。現在は、声優界の珍獣、浅野真澄との激しい戦いを繰り広げており、彼女を踏み台にさらなるレベルアップをすべく活動している。最終的には野川さくらを倒して、ウルトラ警備隊も裏切って「ラムズ」のドンとして君臨する予定であったがラムズを追われ暗黒星雲に潜伏。ベヘリットの力を得て暗黒面に堕ち、地球侵略を目論むようになった。

人物の特徴[編集]

にせウルトラマンに化ける前の斎藤桃子

宇宙からやってきたため、漢字が読めない。ついでに多少は空気も読めない。必殺技は「モテ期ラブビーム」であり、上智大学生だろうが中国人であろうがひとたまりもない。ポケモン使いでもある。怖いものは「ビリビリ様」であったが、最近は耐性がついてきたようである。戦いの毎日を過ごしてきたため、戦いの邪魔となる胸部はすっきりとしている。口癖は「ちょっと~、ま~すみ~ん」であり、ネタをパクッたざ・たっちを呼び出して〆たことがある。夢は下僕に鼻フックすることである。

武勇伝[編集]

某ラジオのパーソナリティオーディションイベントで一般から選出されたものの、あまりにも棒過ぎたため、スポンサーである某専門学校が名門養成所の講師に「こいつなんとかして」と依頼した。 しかし「ひとりのために指導なんてできねーおwwwwwwww(バンバン)」と返され、怒った桃子様は某専門学校に声優科コースを開設させたでっていう。怒りの矛先が違うんじゃねと突っ込んではいけない。 高校に通いながらと言うことで土曜日コース生となるが、養成所に出席した回数は      回そしてそのまま高校を卒業。もちろん養成所の出席回数は      回 ※おそらく必殺技の練習をしていたと思われる

斎藤桃子に倒される予定の怪獣[編集]

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「斎藤桃子」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)