新世界交響曲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新世界交響曲」の項目を執筆しています。

新世界交響曲(しんせかいこうきょうきょく)とは、ドボルザークが大阪の新世界に来た際の斬新な経験から作り出されたドボルザークの9番目の交響曲にして最後の交響曲である。

作曲までの経緯[編集]

チェコの作曲家ドボルザークはその名声が上がるにつれ、ロシア大阪民国の2つの国から我が国に来ないか?と誘いを受けた。鉄道教徒だったドボルザークは、交通科学博物館に行きたかったため、大阪民国に渡った。そして、大阪の新世界での人々の生活にインスピレーションを得てこの曲を作曲した。

現在、新世界でこの交響曲が生まれたことを記念して、新今宮駅では電車の発車の際にこの曲が流れる。

曲の概要[編集]

ドボルザークの新世界での経験が存分に発揮されている。4楽章の最初のだんだん強くなるところ(チャーーラン チャーーラン チャーランチャーランチャラチャラチャラチャラチャラチャラチャラチャラチャーランチャーランチャーランチャーランのところ)は、向こうから凄い勢いで駆けてくる大阪のおばちゃんの動きを表している。チャラチャラうるさいのは大阪のおばちゃんのチャラチャラした服装に由来する。

さらに、第2楽章では当時大阪でよく歌われていた遠き山に日は落ちてを丸パクリしている。

この曲についての演奏者の反応[編集]

「こいつのことぶん殴りてえわ」
新世界交響曲 について、この曲を演奏するチューバ奏者
「やるなら俺も混ぜろ」
新世界交響曲 について、シンバル奏者
「俺も殴りてえ」
新世界交響曲 について、トライアングル奏者
「あ、なぜかソロあるわ!」
新世界交響曲 について、この曲についてフルート奏者
「死ね!!!!」
新世界交響曲 について、チューバ奏者とシンバル奏者とトライアングル奏者

どういうことかというと...[編集]

この曲にはドボルザークの好き嫌いがはっきりと現れていて、チューバは第2楽章の9小節(しかもトロンボーンと同じ音)のみしか演奏せず大部分は休みで、トライアングルとシンバルに至っては1小節のみしかない(しかもシンバルは大きい音を出せない)。一方で第1楽章になぜかフルートのソロがあり(これは謎と言われている)、この曲をやるとオーケストラの仲が悪くなるとまで言われている。

第九の呪い[編集]

なお、その後ドボルザークはチューバが好きだったベートーベンにより第九の呪いを受け、交響曲第10番を作曲出来ずに死去する。

関連項目[編集]