新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

碇シンジ育成計画(いかりしんじいくせいけいかく)とは、月刊少年エースに掲載されている漫画作品の名称。その前に「新世紀エヴァンゲリオン」とつくこともあるが、肝心のエヴァがほとんど登場しないことから誇大名称だという批判が角川書店に多数寄せられた模様で、現在では省略することが多い。 また、主人公碇シンジは転んだらおしりに当たる呪いにかかっている。五月原課長の親戚であると思われる。

作品概要[編集]

碇シンジなる一人の学生を、肉体および精神的に育成する…という正にそのまんまの題名である。しかしその裏には様々な泥めいた思惑があった模様で、昨今の出版放送業界の思想が見事反映された作品とみなすことが可能である。

利権の維持
  • 当作品は1995年に放送されてヒットを飛ばした「新世紀エヴァンゲリオン」の人気が、放置したままにして陳腐化することを防止する意味合いで、掲載されることが決まったといわれている。
原作破壊による人気の多層化狙い
  • 元の作品に慣れない人々を、引きずり込ませやすくする狙い。
個別キャラの人気の拡大
  • 作品内のキャラ関係の逸話を多く流すことにより、既にネット上などで神格化されている綾波などへの信仰者を増やして、出版社への利益還元を進ませる狙い。
第2世代の育成
  • 今後、エヴァ関係の作品を無理やり創造することになった場合でも、エヴァ初期作放映当時にファンで無かった世代にすぐ受け入れられるよう…という策略もあって、掲載が決められたと見られている。
ファーストキスの低年齢化
  • この漫画にはキスシーンが多い。このことから、ファーストキスの低年齢化への意図がうかがえる。中学生のおにゃのことキスできるなんて、うまやらしい限りですね。

関連項目[編集]

キャプテン翼の例のアレ.jpg 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)