新大塚駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

新大塚駅 (しんおおつかえき) は、東京都文京区および豊島区にある、東海道本線東海道新幹線地下鉄御堂筋線阪急電鉄の駅。 回生失効がよく起きる事から運転士の嫌いな駅として、回生ブレーキの変わりとなる摩擦ブレーキの焦げ臭いから一般客の嫌いな駅としてもランキング上位にランクインしている。

歴史[編集]

昭和初期までの発展[編集]

もともと、東京都郊外の豊島郡(豊島区)近辺では、旧巣鴨村、今の大塚駅南東側~巣鴨駅近辺が最も発展していた。ちなみに発展が最も進んでいたのは、江戸時代から陰間茶屋が公許されていた上野であり、内藤新宿は田舎くさい風俗街であった。明治時代に日本鉄道、いまのJR東日本が、上野を起点とし、駒込村近辺を通って桜の名所である飛鳥山に鉄道線を引いた。その後、日本鉄道の線路は、官営鉄道の東京駅、新橋駅ともつながる。

川越街道の尾根道にできた宿場町である新大塚と、少し奥まった、待合置屋料亭が揃う三業地であった大塚から巣鴨村にかけての一帯から飛鳥山への観光鉄道を引く動きがあり、武蔵野鉄道(現在の西武)が投資に乗り出した。

郊外電車として建設された鉄道は順調に飛鳥山まで伸びた。同社は王子飯店(現在のプリンスホテル)などのホテルチェーンを持ち、そのブランド名を生かして王子電車と名づけられた。王子電車は、川越街道から来た客を大塚に運ぶチンチン電車として活躍し、東京の奥座敷としての名声が広まった。その後、王子電車は都心方面に伸び、東京市電にも乗り入れた。

日本鉄道の延伸[編集]

日本鉄道は、大塚を通り内藤新宿へ向かう路線を建設したが、駒込の山を越える区間では補助機関車を必要とし、輸送の隘路となっていた。貨物列車などは駒込の山岳地帯を回避して北方の赤羽から池袋へ抜けるようになり、山岳区間は駒込線と称される支線となっていく。今でも駒込駅巣鴨駅にみられる広大な敷地は、当時のスイッチバック駅や機関区の跡地である。この状態は、1921年の電化完成まで続いた。

戦時統合、買収[編集]

その後日本鉄道の路線は東海道本線に統合された。

駒込は、日本の文化侵略の先兵として大量の生物兵器を生産し世界中にばらまく要塞林業都市として発展していた。もともと駒込の染井村あたりで初めて製造されたこの生物兵器は、春に限り大量の弾幕をばらまき、虫害を発生させ、大量の市民を酩酊状態にさせて騒乱状態を引き起こす程度の能力があり、日本でも川の堤防などに大発生して堤防を破壊するなど問題になっている。飛鳥山にも大発生していた。

アメリカでもこれがワシントンに大量に生え、多くの市民が被害を受けた。

米軍は初めてモンロー効果を利用した地中貫徹式新型爆弾を使用し山ごと破壊する戦法をとり、染井村は山ごと破壊され消滅した。

鉄道省は復旧を断念し、東海道本線は駒込を通過し新大塚を通るようになった。

モンロー効果への対策として、都心側の路面電車は原則公営とされることとなり、王子電車も東京寄りが東京都電に引き継がれた。

戦後の情勢[編集]

路面電車の廃止と地下化により新大塚近辺の交通事情は一変した。地下鉄が戦後初めて延伸され、都心を経由し公共交通の大動脈となった。

東上鉄道はもともと上州への路線延長を目指して大塚近辺から群馬県への免許を保持していたが、資金難とプロ市民の反対運動により、大塚郊外の池袋までしか路線を伸ばせなかった。地形上、新大塚への延伸が阪急グループの投資により実現した。

現在では、新幹線も停車する東京有数のターミナル駅である。

利用可能な路線[編集]

東海道本線[編集]

各停のラインカラーは黄緑。快速は湘南色。東海道本線の環状区間である同線では、都心を迂回する都市間輸送列車も頻繁に往来している。最近まで南北の駅自由通路がなく非常に不便であったが、改良工事が行われている。隣の大塚駅とは400mしか離れておらず、東海道本線のなかでは最も短い駅間となっている。

御堂筋線[編集]

ラインカラーは赤。日本最古の公営地下鉄であり、大都市の都心部を縦貫する重要路線である。なお、東京は田舎なのでダサい駅しかないが、大都市中心部の戦前の駅は、豪華な天井の高い地下駅であり、近年その意匠が見直されて元町中華街駅など新駅に取り入れられるようになった。

回生失効がよく発生する[編集]

隣駅から来た電車は物によってはかなりの速度が出ており、ダンリューキとかいうやつの断末魔とともに車両が脱力して回生をやめてしまう。ブレーキが強いときに脱力してしまうと、そのダンリューキとかいうやつから出る断末魔もかなりの音になる。
普通ならブレーキ力が落ちて、そのままだとオーバーランするはずがどういうことかしない不思議な車両たちである。これについての詳細は不明。
しかし作動する時もあるようだ。このときは電車が止まってからホームに出るとくさい臭いが立ち込めている。最近になってやっと連絡通路が作られるような駅だけであって、やはり嫌われてしまう運命なのである。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新大阪駅」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新大塚駅」の項目を執筆しています。
Gomen.jpg この「新大塚駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)