新小岩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新小岩」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新小岩(駅)」の項目を執筆しています。

新小岩(しんこいわ)は東京都葛飾区南部の地名である。

「たまらん新小岩のねずみカレー」
新小岩 について、仲野栄治

町名の由来[編集]

新小岩駅(当時、国鉄。現JR東日本総武本線)に由来する。

元々当駅の位置には1926年(大正15年)に設置された新小岩信号所があり、それが駅に昇格したものである。 開業当時の周辺の地名は小松菜の名の由来にもなった「小松」であり、北陸本線小松駅との区別のために下総小松駅となる所が、「地味だ。」、「下総なんてダサいし田舎臭い。チバラギ臭がして嫌だ。」(所詮、隅田川以東は旧・下総国葛飾郡で同列なのにね…)と、住民にボロクソに言われ1928年に信号所の名前のままの新小岩駅となった。 昭和40年代の住居表示実施の際、周辺の地名も駅名に合わせて新小岩・東新小岩・西新小岩となった。

江戸川区との対決[編集]

これに対し1932年に小松川町、小岩町、松江村等が合併して誕生した本来の小岩エリアを抱える江戸川区が「平井の次は小岩の地名までパクってるのか!?」と既に駅が開業して4年も経つのに突然の宣戦布告。 すぐさま「小岩は俺(江戸川区)の物、新小岩も俺の物!」とある種のジャイアニズムも加わり紛争に突入。(俗に言う「小松菜の戦い[1]」) その後いくつかの小競り合いの末、駅から約600mほど南方にある北緯35度42分(平和橋通り基準)のラインにて休戦。 葛飾区側の事実上の勝利に見えた…が、

江戸川区は休戦後、イメージ戦略により江戸川区中央一丁目4番1号にあった前線基地に行政府を置き、「江戸川区役所の最寄駅は新小岩です。」と情報を流布。これに対し葛飾区は事実な為に反論できず、世間一般的に「新小岩って江戸川区だよね?」と、つまりは新小岩≒江戸川区と言う程度まで認識を浸透させ、見事(?)な勝利を勝ち取ったのである。

しかしその代償として、新小岩あての手紙や文書などが江戸川区役所に送られてくるなどの問題もあり、江戸川区が自ら貧乏くじを引きに行った感もある。江戸川区ざまあみろ。

ベッドタウンとして[編集]

新小岩は仕事に疲れた模範的社会人達お休みする寝床として人気がある。こうした街をベッドタウンと呼ぶ。東京近郊では新小岩がもっとも人気が高い。次点は荻窪である。 なお、あまりに寝心地が良すぎて翌日遅刻してしまう、あるいは永遠の眠りについてしまうといった問題が指摘されている。寝心地が良すぎるのも考え物である。またマナーの悪い住人が多く、胃や心臓、肝臓、肺、大腸、小腸といった臓器を不法投棄してゆくDQNが後を絶たない。犯人を捜そうにも遺体の損傷が激しく身元不明で片づけられ犯人逮捕にこぎつけないことが多い。捕まらないと分かった犯人は再犯を平気でするようになり、今や新小岩は不法投棄された臓器で埋め尽くされんとする勢いである。

脚注[編集]

  1. ^ 尚、この紛争の末期にはドサクサ紛れに当時存在していたチバラギ共和国も新小岩の領土を狙っていた。

関連項目[編集]