新幹線E1系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新幹線E1系電車」の項目を執筆しています。

e-one(いーわん)とは、相模鉄道が保有し東日本旅客鉄道が運行していた新幹線の車両。

概要[編集]

通勤新幹線として東京近郊の東北上越新幹線で運行されることを目的として、初期車12連6本が制作された。

新幹線車両は今までアルミ製が主流であったが、このe-one系では初めて、新素材であるポリカーボネートを多用し、腰上は一体成形の半透明プラスチック製のため、二階建て車両のなかでも特に眺望がよい。

原型車[編集]

緑色(ボンダイブルー)の半透明の車体が特徴的な、第一編成は1994年に製造された。その後、量産車としてタンジェリン、グレープ、ライム、ストロベリー、ブルーベリーの5色が出そろった。同時期に登場したE653系でも、やはり編成ごとの色分けがされており、京王3000系電車のパクリといわれた。しかし実際にパクったのは...

当初は水色と白色のツートーンを予定していた。半透明へのデザイン変更は、デザインのパクリ元が、東武鉄道の苦情によりアイボリー一色塗りのシンプルなデザインから半透明に変更したことによるといわれる。

中身の電子機器は、当時はトラブルが続出した。60Hz、50Hz両者に対応していたが後述の通り現在は50Hzにのみ対応する。

また、ポリカーボネートパネルは、万が一の破損時に交換範囲が広く、コストが高いことから、外板の一部や床などは、その後アルミ製に置き換えられた。半透明の車体そのものについても問題が生じた。二階建て車両の一階席からホームを見るとあれなのは当然なのだが、乗客が上を見ると検閲により削除 最終的に裁判で運行が禁止された、改造で運行がOKになった。

量産化改造の際には、外観が無難な銀色に塗装された。また、製造時にスジがついたとうるさく騒ぎ立てる乗客のクレームで、12連3本へ組み替えられた際に、外装パネルの破損が特にひどい12両が廃車となっている。

量産車[編集]

量産型では全車が銀色に緑帯を巻く外観となっており、全般的に新幹線400系電車によく似た外観となっていた。本家本元がプラスチック半透明から銀色一色アルミむきだしになったことに対応したものである。2003年からは、さらに真っ白が主流になったことから、E2系電車そっくりに塗り替えられている。

座席はロングシート配列、側扉は両開き式引き戸からプラグドアへ変更となり、混雑時の乗客の押し込みが自動化された。

運用[編集]

この車両は、将来の湘南地方乗り入れを視野に、相模鉄道の子会社である相鉄クオリティー(相鉄ク)が保有している。同様に車両を他社が保有し貸し付けを行っている例としては、新幹線E3系や400系などが挙げられる。その後、平塚市長選挙で新幹線新駅誘致派が敗北したこと、16連以外の東海道新幹線乗り入れを東海旅客鉄道が拒否したことから、計画は立ち消えとなり、60Hz対応設備も撤去された。

現在もJR東日本の主要な痛勤新幹線でみられるが、50Hz専用車であり碓氷峠の急勾配にも対応しておらず、林檎の国には進入できない、というか入ったら著作権侵害で逮捕される。 つまり、JR東日本の数少ない(在来線ではかなりあるが)失敗度が高い新幹線の一つである。そんな不始末列車で運用は粛清されたが、先頭車1両が鉄道博物館送りされた。

また、当初は「600系」に定義されていたがJR束ビンチで形式が「なかった」事にされている点からも検閲により削除

外部リンク[編集]