新源氏物語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

新源氏物語(しんげんじものがたり)とは、綿矢りさによって書かれた恋愛小説である。天皇の子として生まれながら母の身分が低かったために臣下として生きた貴公子、光源氏(本名・小泉孝太郎)の女性遍歴を描いている。

青春期の恋[編集]

小泉は、恵まれた容姿と多彩な才能の持ち主であり、誰からも一目置かれる存在として育ったが、父帝の妃である、藤壺(本名・長澤まさみ)に道ならぬ恋を抱いていた。やがて、悪友の頭の中将(本名・小栗旬)の妹である葵上(本名・香椎由宇)と政略結婚した。しかしこの結婚相手に満足できなかった小泉は、年増の未亡人の六条御息所(本名・竹内結子)、教養が高くなかなかやらせてくれない槿(本名蒼井優)、貧しい街角に住む年齢不詳気味の一般の女性・夕顔(本名・岡本綾)、人妻の空蝉(本名・原史奈)、美人ではないが癒し系の花散里(本名・田畑智子)、顔はブサイクだが髪の毛だけ美しい末摘花(本名・水川あさみ)らと恋愛を重ねた。

紫上と明石の君[編集]

このような中、小泉はバカンスで出かけた沖縄で美しい少女、紫上(本名・新垣結衣)と出会い、最愛の人として囲うことにした。一方、年増の竹内はその嫉妬心から生霊となり、これに取り付かれた岡本と正妻の香椎は亡くなってしまう。その後、政敵の娘で破天荒な性格である、朧月夜(本名・沢尻エリカ)と密会を重ねたため、小泉は都を追われ、明石で流浪の身となった。小泉の命運も尽きたかに思えたが、ここで身分は低いが素晴らしい容姿と人格を持つ明石の君(本名・戸田恵梨香)と運命的な出会いをする。やがて、都へ戻ることを許された小泉は、身分が低い戸田との間に生まれた娘を新垣の養子にした。この娘は後に中宮になる。

晩年[編集]

小泉は、顔は美しいが人格が無いような女三宮(本名・福田麻由子)を正妻に迎え、新垣を苦しめることになる。一方、死んだかつての正妻の香椎との間に生まれた息子である夕霧(本名・平岡佑太)は、幼馴染の雲井の雁(本名・相武紗紀)との間に多くの子供をもうけていたが、メンヘラーっぽいところが魅力の落葉の宮(本名・加藤ローサ)との不倫にのめりこんでしまう。

反響[編集]

この本について、元日本道路公団の総裁であった藤井治芳は、「こんな話がもし本当だったら死人が出る」と話している。

作者について[編集]

作者の綿矢りさは、『新枕草子』の筆者である金原ひとみとは犬猿の仲にあるとされる。

関連項目[編集]