日本たばこ産業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
第67回 (2008年
エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本たばこ産業」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本たばこ産業株式会社法」の項目を執筆しています。

日本たばこ産業(にほん - さんぎょう)は拝火教信者のための祭祀用品を取り扱う会社。略称はJTである。日本国内での祭祀用品の製造・流通・販売をほぼ独占的に取り扱っている。

概要[編集]

拝火教信者向けの祭祀用品の取り扱いが主体である。ほんのちょっぴり多めに経口摂取させる事で赤ん坊から大人まで差別する事なく殺せる画期的な毒薬にもなる。児童虐待を好む親御様は殆ど必ず愛用しているお勧めの品である。また相撲において、土俵を浄めるためにまく粉末(これもある種の祭祀用品である)の製造にも関わっている。その他にも、農薬入り冷凍食品医薬品なども製造している。

現状[編集]

拝火教向け用品については、現在、健康被害などを理由とした拝火教への宗教弾圧が世界的に行われている影響で、出荷量が減少しつつあり、また、かつては自由であったテレビCMなども近年では禁止されている。また、相撲向け用品についても、同様のものを一般消費者向けに発売していたが、こちらも健康ブームやロハスなどの影響で出荷量が減少している(相撲向けについては今のところそのような減少はない)。

業績の先細りを防ぐために、前述のとおり食品や医薬品の製造を行っている。それらの事業が主体であるかのような印象を世間にアピールする内容のテレビCMを行っているが、実際にはもちろん拝火教向け祭祀用品事業がメインであることに代わりはない。

また、F1などモータースポーツへのスポンサー活動も長年行われているが、こちらも拝火教弾圧の影響で投資に見合う見返りが得られなくなりつつあるために今後の成りゆきが注目される。

従来、JTの販売する毒入り製品は拝火教向け祭祀用品に限られていたが、2008年に入ってから大陸河北省の天○食品と共同して冷凍ポイズンギョーザを発売した。これまでのJT製品では成人しか毒を摂取出来なかったが、ポイズンギョーザは子供から老人まで毒を摂取出来る画期的製品である。画期的であってか、大ヒットを記録し日本中、はたまた世界中で大人気となっている。そして同年のエクストリーム・謝罪ではその○洋食品などとともに日中餃子連合チームを結成して参戦し、見事優勝した。

スポーツ[編集]

広島県では「JTサンダース」といわれるバレーボールチームが存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Uporg659371.jpg 株式会社日本たばこ産業は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)