日本ユニセフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
財団法人日本ユニセフ協会
the Japan Committee for UNICEF
種類 財団法人(詐欺団体)
市場情報 非公開
略称 ユニセフ、ユ偽フ
本社所在地 日本
108-8607
東京都港区高輪4-6-12
電話番号 ???
設立 1955年2月26日
業種 サービス業(フランチャイズ)
事業内容 1)フランチャイズ事業

2)販売店運営事業 3)児童ポルノ事業

代表者 赤松 良子
資本金 9億3507万円(JPY
売上高 178億672万円(JPY
従業員数 不明
決算期 3月
主要株主 非公開
主要子会社 なし
外部リンク 公式サイト

「食べたくても食べられないアフリカの子供たちのために…」

街頭にて
「日本人、野蛮! ワタシタチノ子供タベヨウトシテル」
日本ユニセフ について、アフリカ人

財団法人日本ユニセフ協会(ざいだんほうじんにほんゆにせふきょうかい、the Japan Committee for UNICEF)とは、外資系の道徳事業者である。国内に広く販売網を有するほか、中国共産党ネオナチなどと幅広い取引を行っている。イメージキャラクターとして有名なお笑い芸人アグネス・チャン(但し彼女は中国人ではなく、イギリス人である)を起用するなど、積極的なイメージ戦略をとっている。

職員の多くが一発キメた明るい性格の持ち主で、ちっちゃなことは気にしないことで知られる。自称道徳事業の拡大のために、国家社会主義の理念に基づき政治活動を行うこともある。

概要[編集]

日本の道徳業界の中では日本の国営のガリバーである赤い羽根募金に次いで成功した道徳商法事業者である。国内において活動する外資系道徳販売業としては最大の売上高を誇り、2007年度の売上高は178億円である。そしてその内およそ九割が維持費に費やされ、残りの使途は不明である。サイレントマジョリティと呼ばれる層への訴求効果の高い商品構成が最大の特徴。児童ポルノ撲滅関連商品などのイメージが強いが、現在も主力商品は開業当時から人気商品である偽善関連商品であり、偽善商品において最大の販売シェアを誇る。「アフリカの難民を救おう」というスローガンで街頭募金のチームを組んで募金を着服し、詐欺として立件されそうになったため慌てて法人として立ち上げて、何故かあっさり立件を逃れた、などという団体では断じて無い。

主要な事業内容[編集]

最大の特徴は、ほとんどの商品がサービスの販売であり、商品販売ではない点である。例えば最大の主力商品である偽善商品を一般人に販売する場合、ほとんどの場合販売が無人化され、店舗に設置された集金ボックスに任意の金額を投入することで「子供の人権を守っている」という満足感を提供する。無人販売・任意価格という画期的な事業モデルを全国に広めたのは日本ユニセフ協会の功績といわれる。

フランチャイズ事業[編集]

日本国内ではフランチャイザーの立場であるが、標章使用権を借り受けている立場であり、アメリカのユニセフへ契約に従いライセンス使用料を納めている。このライセンス料は他業種に比べ非常に割高であり、売上金の最大75%という莫大な額を支払わなければならない。これは日本国内のコンビニエンスストアのフランチャイズ加盟店よりも高い金額であるが、道徳販売業としてはそれほど高いわけではない[1]

これだけ高いライセンス料にもかかわらず、事業モデル自体が低コストであることから、本社ビルを単独購入できるほどの収益を上げており、出資者への利益配当の高さから格付け機関ムーディーズよりAaa+++、S&PからAAAという高い評価を得ている。

日本国内においては、直営事業のほか、地方部で偽善サービスの販路確保のためにエリアフランチャイズ制を導入している。フランチャイズ展開は排他的かつ独占的に行われ、企業内競合を避けている。これはちょうどセブンイレブンの店舗展開とは真逆の制度である[2]

無人販売という事業の特性から、乱用を防ぐためUNICEFの名称とロゴマークの不正使用を登録商標としてそれぞれJASRAC東京特許許可局に委託させて取り締まることを行っている。

新たなビジネスモデルの構築[編集]

偽善において、近年ヒット商品が少なくなっていたことを背景に、他社との差別化を図るために新商品児童ポルノ撲滅関連商品の開発を行い、爆発的なヒットを記録した。子供の人権を利権や金銭と交換するというまったく新しい偽善商品は、ラディカルフェミニストナチス復興を願うファシストなどの新たな商品購入層の開拓に成功し、現在ではYahoo!JAPANマイクロソフトとの提携を行うなど、日本ユニセフ協会最大のヒット商品である。

このビジネスモデルは道徳業者や人権業者にも影響を与え、類似商品が市場に出回ったことから、新商品としてさらに準児童ポルノという新商品を販売、こちらも社会現象を起こすほどヒットした。コミックアニメゲームの登場人物に人権を与えるという画期的な商品であり、毎日新聞聖教新聞などの大手マスコミが取り上げた。

一方で、この児童ポルノ撲滅関連商品に効果がないのではないかという指摘もある。例えば社民党保坂展人議員はこれらの商品が説明されている機能と違う機能を持つ欠陥商品である可能性を指摘している[3]

消費者団体の指摘では、児童ポルノ撲滅関連商品は、マイナスイオントルマリンなどのように、その効果を裏付ける明確なデータもないまま、児童の健全な育成を促すと宣伝するのは不道徳だとしている。

こうしたことから、2009年6月26日の衆議院法務委員会において、一部議員から商品の販売の是非について議論が起こった。[4]

イメージ戦略と販促展開[編集]

日本ユニセフ協会において特筆されるには、2009年度に行った児童ポルノ撲滅関連商品の販売促進活動である。毎日新聞やフェミニスト業者と提携し、非常に優れた広告戦略を行った。

  1. 提携した毎日新聞で、日本人人倫に反する性的行為を行い、しかも何一つ罰されることはないという記事風のナンセンス広告を量産。英語で世界中へ発信する
  2. 海外の公的機関と提携し1.の記事を信頼できるソースとして宣伝し、日本では公然と児童の人権が侵害されているというドッキリイベントを公開する。
  3. 駐日アメリカ大使を宣伝大使に任命し、報道機関の前で「日本は児童ポルノ大国」という漫才を披露、話題にする。
  4. 過去に発売されていたアダルトゲームの海賊版を使い、フェミニスト業者がイギリスにおいてイメージ広告を展開。児童ポルノ関連商品の海外ブランド展開を始める。
  5. 海外バージョンを逆輸入する形で日本での販売促進を開始、国会でのキャンペーンでお笑い芸人のネタを披露、ブランド化を図る

これらのキャンペーンは注意深く計画され、児童ポルノ撲滅商品のブランド化には成功した。しかし、日本ユニセフ協会が想定したほどの販売促進に必ずしもつながっているわけではなく、一部では失敗だったとの声もある。

また一部の消費団体から、以前より指摘されている副作用についてほとんど改善されないまま流通を行うことに疑問の声がある。[5]

お笑い芸人の起用[編集]

児童ポルノ撲滅関連商品販売促進キャンペーンにおいて、偽善事業では珍しいことに、イメージキャラクターとしてお笑い芸人のアグネス・チャンを起用し、人気を博している。特に、国会でのイベントで新作コント「ワタシの後に子供が見えますか」と「あらゆる穴に突っ込んで」を披露し[4]、ネットを中心に大きな話題となった。本人のサイコパス的な芸風とあわせ、日本ユニセフ協会の笑いに関するスキルの高さを伺わせる例となっている。

警察への装備品納入計画[編集]

日本国内において治安に対する不安の高まりに対応すべく、警察に対して児童ポルノ撲滅商品の納入を提案しており、思想警察という新たな販路の開拓に力を入れている。

特に元警察官僚の国会議員は児童ポルノ撲滅関連商品の、特に「誰でも自由に逮捕できる」という効果にとくに着目し、現場警察官の負担軽減と、新たに誕生予定の思想警察への最初の装備品として強く推奨している。

この装備品は、各種検討によると、「家族写真の所持や卒業アルバムの所持を犯罪とすることで、負担を軽減しながら特定の人物を任意の時間に任意の方法で逮捕できる」という、非常に優秀な機能が確認されている。

  • 重大な副作用として警察官も逮捕される可能性があるとされている。一方で警察官は逮捕されないという検証結果もあり、確定した効果はわからないとする説明もある。

ダイレクトメールによる営業展開[編集]

無人販売を基本としながら、偽善商品の通信販売も行っている。ダイレクトメールやパンフレットには、顧客の偽善をより美しく見せると言う理念をあらわすため、次のような形式を維持している。

挨拶の励行
「こんにちは。UNICEFです。」
顧客に偽善と自己陶酔を最高の状態で提供する、という理念のもと、決して「日本ユニセフ協会」とは書かず、アメリカ本店と直接取引しているように演出する。
感情に語りかける
「世界では、1000万人の子どもたちが飢餓や病気で命を落としています。」
顧客が気持ちよく偽善に浸れるように、それに相応しい言葉で財布の口を開くよう促す。
活動実績
「UNICEFは、恵まれない子どもたちを支援し続ける国際機関です。都内某所のユニセフ・ハウスでは精力的な活動が行われています。」
具体的な活動を知らせることは自己陶酔を阻害するという、フィロソフィーに基づいて活動を想像させるにとどめるという現実的なアプローチを促す。
金額指定による負担の軽減
金額を3千円とすることで、顧客の負担を軽減している。小金しか払わない糞どものために、熱烈な偽善者に迷惑をかけないというサービス精神の表れである。
そして、偽善サービス料を振り込む際には、恋人の有無や住所などの個人情報を必ず確認し、ライフスタイルに合わせて継続的に偽善を堪能できるよう自己陶酔の支援をしている。

これらの通信販売で販売する偽善関連商品の荒利は約25%であり、日本ユニセフ協会の偽善事業の柱となっている。 また近年は、名簿業者から名簿を買う事により営業力の向上に努めている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  • 近年では宗教業者の営業代行を試験的に行っている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本ユニセフ協会」の項目を執筆しています。
Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「日本ユニセフ」について分析しています。
  • マッチポンプ
  • 芸人
  • アグネス・チャン
  • 黒柳徹子 - 困惑している本当のUNICEF親善大使
  • 創価学会
  • UnNews:日本ユニセフ、個人に260万円の寄付金を要請
  • アンチ - 下手をすると日本ユニセフ協会よりもずっとマンガ・アニメ・ゲームの表現を侵害している、主にネットを拠点に活動するオタク内の一ジャンル。オタクの中でもとりわけ攻撃的な人種が多数所属しているのみならず、よく考えると酷似した発言をしていたり、活動内容も似ているので日本ユニセフ協会の精鋭も何人か紛れ込んでいる可能性がある。ここまでくると最早同じ穴の狢になってしまうということの典型的な悪例。
  • 講談社 -「講談社フェーマススクールズ」なる通信事業を展開しているが、その商法は賛否両論である。