社団法人日本音楽著作権協会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
日本音楽著作権協会から転送)
移動先: 案内検索
偉大なる兄弟は見ている
クライムシンク
真理省」(ミニトルーは記事を極不可」(ダブルプラスアングッド思想犯罪」(クライムシンクと認定
愛情省」(ミニラブ正考」(グッドシンクに全訂正
(真理省によりこの記事の内容は非常に犯罪的かつ欺瞞を含んだものと見なされており、
上の虚偽がもたらしたあらゆる有害な部分の改善が愛情省によりおこなわれています)
警告!
この項目には、JASRAC登録曲の歌詞が無断で使用されています。直ちに指定の口座に使用料を振り込んでください。払っていただけない場合は法的手段に訴えます。
Bouncypotato.gif
この記事「社団法人日本音楽著作権協会」は何故か「JASRAC」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
JASRACの旗

社団法人日本音楽著作権協会(しゃだんほうじんおんらくちょさくけんきょうかい)とは、日本の過激派·テロ組織であり、金銭による破産テロ·裁判テロを主軸としている。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「社団法人日本音楽著作権協会」の項目を執筆しています。
JASRAC

罪の無い一般市民から活動資金を搾取し、裏の世界で絶大な権力を持つ為、力無き善良な国民が司法や行政に訴えても門前払いにされる恐ろしい組織である。

拠点や構成員が公開されているにも関わらず、行政は全くこれに対処しない。愛国連合党や日本甘党がこれに対する公約を発表しているが、政権奪取はおろか当選も絶望的であるので希望は無い。

音楽という概念さえあれば、それを口実に消費者と呼ばれる善良な一般市民と戦争、しかも先制裁判攻撃も辞さない。

これにより日本全土のアーティストの卵達が皆殺しにされている現実を政治家達は見ようとしない。甘い汁を吸っていると、堂々と公言している様なものだ。日本の基本的人権はどこにいったのやら。法律って、こんなカス共を駆逐する為にあるんじゃなかろうか。

指パッチンをした少年の指を引きちぎる、歌姫の声帯を切除、タップダンサーの足を切断するなどの暴挙を平然と行う。頭突きでドラムを叩くパフォーマンスを得意としたドラマーがギロチンにかけられたのはあまりに有名である。 作曲することにより生じた不都合で、アーティスト暗殺するなど日常茶飯事である。 しかし、大手レコード会社とは癒着しており、エイベックスなどに所属するアーティスト気取りの屑などは保護される。 一説ではアルカイダ新興宗教などにも繋がりがあるとみられている。

日本甘党は被害にあった善良な一般市民から報復テロをされる可能性を示唆している。むしろ推進している。

尚、「音楽」は「おんらく」と読む。 「おんがく」と読むと指をさして笑われるので注意されたい。

基本思想·テロの目的[編集]

著作権を守る』という建前のもと、善良な一般市民から権益をひたすら搾取する事が目的である。基本思想は拝金主義であり、金が無ければ借金させて、なおかつ刑務所で強制労働させて『徴収』する。

それすらできない、或いは責任能力のない未成年からは、前述の通り肉体の一部を提供させたりする。

政治家が多数天下りしており、権力も相当なものである。さらに権力や金を貪るのだから救いが無い。ああ、今だ治らぬ天下り体質、しかもこんなテロ組織に。この国の未来が憂える事態である。

JASRACとの関連[編集]

JASRACという組織とは、創価学会公明党の関係に似ている。こちらはテロ部門であり、JASRACは司法部門である。結局は同一の組織『カスラック』の一部門である。

何れにせよ、日本国内の合法に見えそうで全くそうでない組織の中では最悪の部類に入る。社会保険庁以上の悪として、地獄の業火に灼かれてしまうだろう。

テロの対象とされる善良な一般市民[編集]

標的とされるのは、

  • 主に唄う者
  • 主に聴く者
  • 主に作る者

である。 また、唄う者・聴く者・作る者だけに限らず、携帯音楽プレイヤーを製造・販売するメーカー各社も少なからず被害にあっていることを見逃してはならない。日本音楽著作権協会の連中は、よりによってみんなの手元にあるパソコンやiPodやPS3等のコンピュータ機器の中に普通に入っているハードディスクにまで補償金を求めているのだ。磁気式のハードディスクだけではない、その内SDカードメモリースティックSSD等でおなじみのフラッシュメモリにだって補償金を求めてくるかもしれない。アップル東芝ソニー等の各メーカーはiPodギガビートウォークマンだといがみ合っている場合ではないのである。こいつらが居るのも安く作れるものが安くできない理由の一つなのだから。

ん?でもこれって、何かに似ていないか??あ、免罪符だ。一部のキリスト教会の拝金主義で罪を逃れる手段であるが、これをこの法人は「著作権の免罪」として使用料を取る制度である。もうこれは政府公認の宗教法人とも言える。

関連項目[編集]


11059583579444.jpg この項目「社団法人日本音楽著作権協会」を執筆した人は、キラの力により殺されてしまいました。そこでこれを見ているあなたにこの記事の未来を託します
無理にとは申しません。だって執筆者は殺されている訳だし…。 (Portal:スタブ)