日産・アベニール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日産・アベニール」の項目を執筆しています。

アベニールとは、日産自動車がかつて開発していたステーションワゴン型乗用車である。

歴史[編集]

初代(1990年~1998年)[編集]

  • 1990年5月 ブルーバードワゴン・バン、スカイラインワゴン・バンの後継としてW10型登場。プリメーラ(P10型)のワゴン版として無理に位置付け、欧州には「プリメーラワゴン(初代)」として投入された。こんなのをプリメーラにするなという方も多いだろう。実際検閲により削除だったが。乗用モデル(ワゴン)と商用モデル(カーゴ)が存在。グレード名は「ei:(エイ)」、「bi:(ビー)」、「si:(シー)」とかなりふざけたグレード名が名づけられていたが日産の車作りはどこかふざけているので気にするな。
  • 1993年1月 マイナーチェンジにより、形式がPW10となる。グリル等が変更されるが気づかないったら気づかない。
  • 1993年12月 「salut!(サリュー!)」追加。実はこの車は検閲により削除
  • 1995年8月 ワゴンを無理矢理マイナーチェンジ。車名を「アベニールサリュー」へと改称したが覚えられるか。大ヒットしたスバル・レガシィをパクったリアデザインになり、のっぺらぼうでキモくなったのは言うまでもない。これらは当時のウイングロードプレーリージョイにも共通の手法であるが、初期の素敵なスタイルを引き継ぐのは、バンのみとなった。やっぱさ、こんなんでもバンは特別なんだよ。

      ADバンにしか見えんけど。

2代目(1998年~2005年)[編集]

  • 1998年8月 W11型にモデルチェンジ。GT4シリーズとサリューシリーズの2系統のグレード体系をもつが分けた意味が不明である。
  • 2000年5月 マイナーチェンジ。内外装を変更したがだから何だ。あわせて「アベニール」誕生10周年記念車を設定したが誰が祝うんだよ、アベニールの10周年なんて。
  • 2005年9月 客がミニバンに移りセレナが売れるのはいいがステーションワゴン需要低迷により、生産終了。最後まで5ナンバーだった。
  • 車体を流用する商用車エキスパートはとりあえず作り続けていたが、それも2006年12月20日をもって生産終了となるエキスパートは一つ下の車格となるADバンと統合され、ADエキスパートとなるが俺はそんなの要らないと思う。

車名の由来[編集]

  • フランス語で「将来」「未来」を意味する avenir. と言われているが実際は開発スタッフの近くにいる安倍さんがとても素敵な匂いを出していたからである。どういう感じかと言うとアベニールの名前を考えている時にふと安倍さん煮たら美味い料理が出来るんだろうなと思えてきていつしか→安倍煮る→安倍煮ーる→アベニールとなったとされている。

関連項目[編集]


この項目「日産・アベニール」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)