ニッサンクエスト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニッサンクエスト」の項目を執筆しています。

ニッサンクエスト(Nissan Quest)とは日産自動車が海外向けに製造しているミニバン自動車と思われたS-RPGである。略称「ニツクエ」・「NQ」。ドラゴンクエストとは一切関係がない。日産・サモンナイトとともに日産自動車のS-RPG部門を担う重要車種である。

歴史[編集]

ニッサンクエストⅠ V40型 (1993年- 1998年)[編集]

初代は日産の北米専用MPVとして登場。ゲーム要素はあくまでオマケであった。日産・プレーリーの北米向けであると某頭の固い百科事典には書かれているが実際はドラゴンクエストファイナルファンタジーファイアーエムブレムに対抗するためのRPGである。S-RPGなのは日産がラングレーローレルスピリットが結構売れたからといってこのジャンルに無駄に期待していたからである。

初代クエストは、フォードと共同開発で作り上げた本格派RPGで北欧オタクを舞い上がらせた。当時フォードは、マツダと共同開発をする予定であったが、マツダが走行性という車方面にこだわり、挙句の果てにゲーム作るならジャンルはアクションRPGだとしてそれを引かなかった事もありどうしてもS-RPGが作りたかったフォードは偶然S-RPGが作りたかった日産を発見、手を組むことになった。

日産ではニッサンクエストとして販売され、フォードではマーキュリーブランドを使用し、マーキュリー・ヴィレジャーとして販売され、同じゲームなのにタイトルが違うという世界でも類を見ない売り方をしていた。この売り方がすごいとしてポケットモンスターなどがパクったのは有名な話である。

日本国内では日産専用船の北米輸出船の帰り便の空きを有効活用する為だけに一部の日産ディーラーでも販売していたがなにせミニバン型RPGなので売れ行きは微妙だった。

1996年 マイナーチェンジ。バグがあったところを直した程度だった。

ニッサンクエストⅡ 両側スライドドアとV型6気筒 V41型 (1999年 - 2002年)[編集]

スライドドアを左右に装備し、エンジンもV型6気筒を搭載したニッサンクエストの続編。男性キャラクターと操作の質を高めたが世界各国でドラクエ2を遙かに下回る販売個数を記録。そのため発売以来、毎年フロントグリル等、パッケージの小変更が施すというエヴァで儲ける某企業の比ではないくらい媚絵を売った売り方をしていた。そんなことをしても人気が急上昇しないのは言うまでもない。

登場するヒロインが完全に腐っていてゲームとしても評判は低かった。また、日本ではシカトされており海外もなんだかんだで他車種の宣伝が重要でありクエストにかまう暇が無かったことからもいまいちパッとしたモデルにはならなかった。

ニッサンクエストⅢ 5速オートマと日産独自車種化 V42型 (2004年 - )[編集]

3代目は日産独自車種となり、5速のオートマチックトランスミッションを組合わせた最速のRPG。とにかくテイルズシリーズを意識した売り方をしており、キャッチフレーズまで「独自車種化が実現したRPG」と本当にテイルズシリーズを無駄に意識したものだったがテイルズだなんて目標が低すぎる

センターメーターと楕円状のセンタークラスターを備えた個性的なインテリアを採用したが、車としては顧客には不評で、2007年度モデルより改められることとなった。これは2代目プレサージュでも起こり、同じ理由で2006年のマイナーチェンジでデザインを大幅に変更している。

2003年式クエストは生産工場が3代目サモンナイトを作るのに必死で存在しない。

  • 2003年1月 北米国際自動車ショーをゲームショーだと勘違いした日産はクエストをゲームとして出展。当初はプレイステーション2用ソフトとして発売するつもりだった。
  • 2003年4月 ヒロインの声優田村ゆかりにしようとしてコンタクトを取ったところ拒否されたので上海モーターショーでは「ニッサンクエスト コンセプト」と車として出展。
  • 2005年4月 上海にて中国向けの本格派S-RPG「ニッサンクエストⅢ」(中国名:日産貴士3)を披露。メインヒロインの声優に水樹奈々を起用し半場無理矢理に中国語を喋らせたのがこうじて中国のオタクに受ける。
  • 2005年8月 台湾、中国などへ向け、輸出開始。オタク大国である日本はシカトされている。
  • 2007年 『Forbes』という知らねぇよそんな雑誌的な雑誌の「2007年度、性能が最も低い車種」第8位に、車として見事この車が選ばれた。上位10車種のうち、日本企業は日産だけでありクエストの車としてのたいした事のなさが裏付けられた。同年、『Forbes』という知らねぇよそんな雑誌的な雑誌の「2007年度、やりこみ度が最も低いS-RPG」ではワースト1位を獲得。ドラゴンクエストが成し得なかった輝かしい歴史を作り上げた。もっともドラゴンクエストにS-RPGなんてないけどね。

4代目 サブタイトル未定 ?型 (200?年 - )[編集]

2007年2月2日の日産車体のプレスリリースによると、2009年より日産車体でクエストもしくはその後継車を製造する予定である。キャラクターデザイン及び使うハードは未定。プレイステーション3が候補に挙がっている。また、日本でも、次期エルグランドとして販売する予定でありどちみちクエストは日本では発売されない。


販売店[編集]

そのほか物好きのいる輸入代行店があるがそれがここに出していることもあり挙げるとしたらやはりここ。それなりの値段は付いている。

  • ゲーム屋さん

もしかしたら売ってるかもね。知らんけど。一応車だしねこれ。

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「日産・クエスト」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)