日産・ティアナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「♪そんな儚い 私の願い♪ 今日も ローレルに会いた~い♪」
日産・ティアナ について、とある日産車ファン
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日産・ティアナ」の項目を執筆しています。

ティアナとは、日産自動車が製造している自動車型モダンリビングである。最近になってフルモデルチェンジし、自動車型おもてなし空間になった。

一応セフィーロ月桂樹の後継とされているが、「セフィーロのほうがよかった」とか「ローレルのほうがかっこいい」という意見が噴出していて、かわいそうな車である。

魔法少女リリカルなのはの登場人物でもある。

相棒シリーズにて往年の西部警察セドリックなみに登場するが、壊されることはない。

初代[編集]

自動車型モダンリビング。

我が国にはカカア天下の家庭が多数存在することを、身をもって教えてくれた。

グレード名に「JK」が含まれているのは、開発担当者が援助交際にはまっていたからという説がある。

相当数が警察に納入されたことに対し、トヨタが「日産と警察が癒着している大きな証拠だ」とかみついたが、あくまでも日産側の厚意である。

スタイリングこそ地味だが、日本でもっとも速いFFセダンの一つだった。

腕次第でカリカリにチューンされたランサーエボリューションよりはるかに速く走らせることができる。

グランツーリスモシリーズには残念ながら登場しなかった。

リアのデザインをクラウンマジェスタに若干パクられた。

二代目[編集]

フルモデルチェンジ。自動車型おもてなし空間になった。

CMでも「OMOTENASI(おもてなし)」とか言っていたが、「まずは日産のディーラーのおもてなしを何とかしろよ」という声も上がった。

しかし最終的には「トヨタよりはマシ」ということになった。

先代の特徴であった、存在感の薄いながら端正な顔立ちから一変、存在感ある顔立ちに。

これは見栄っ張りの中国人が、「せっかく高い金出してティアナ買ったのに高級車に見えないアルヨ」とか言い出したからである。

それならほかの車を買えばいい話である。

「やらしい」と批判の多かったグレード名「JK」は廃止された。

ちょっとした傷なら放っておけば消えてしまう機能搭載。

しかし、深い傷は消えない。オーナーの心の傷も消えない。

そのため心を癒してくれる専属のおねえさんが日産のディーラーに配備されている。

彼女たちはあんなことやこんなことをしてオーナーの心の傷を癒してくれる。

どんなことが行われるかは書けません。

しかし人気はいま一つ。

やはり我が国にはカカア天下の家庭が多いのだ。

三代目[編集]

エンジンが直4だけになった。