日産・プレセア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では日産のプレセアについて説明しています。その他のプレセアについては「プレセア(曖昧さ回避)」をご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日産・プレセア」の項目を執筆しています。

プレセア (Presea) とは日産自動車がかつて開発していたセダン型乗用車である。

概要[編集]

トヨタ・カリーナEDの対抗車種として1990年6月に登場し、なんか変に売れない外車みたいなスタイリングが特に女性からの支持を集めた。スタイリングと引き換えに車高を低くくしたこともあってセダンとして重要なものである後席居住性をかなり犠牲にしていたため、その後徐々に販売成績が低下し、2000年8月にブルーバードシルフィにとってかわられる形で製造を終了した。

 名前がとても良く、魔法騎士レイアーステイルズオブシンフォニアなどにキャラクターの名前としてパクられている。ついでにいうと前者は舞台の名前がセフィーロだったりするし、後者のヒロインはコレットなので日産の名前パクるからついでとして使われる傾向が強い。

初代(R10型、1990年-1995年)[編集]

  • 1990年6月登場。ローレル所有S-RPGであるローレルスピリットの後継車種として、B13型サニーの基本コンポーネンツを無理矢理流用して開発された。初代カリーナEDの影響をモロに受けた4ドアハードトップ車であるが誰もハードトップにしろとは頼んでいない。浮世絵『見返り美人』をパクったCMだった。キャッチフレーズは「絶世のセダンです」だの「絵にも描きたくないけないセダンです」など、妙に和風を感じさせるモデルであった。最初は国内専用とかいっちゃってさ、売れねーことを理由にして国を超えて香港映画の餌食キャセイ・パシフィック航空の膝元の香港。サワディーカーの国タイ。日産に文句を言いたがるプロトン社のあるマレーシア。年中げろを吐いているマーライオン帝国シンガポールなどになすりつけていた。 


  • 1991年5月  絶対要らないスポーツグレード「ブラックスター」追加
  • 1991年12月 暇なのでグレード追加。「ポーラスター」
  • 1992年6月 マイナーチェンジ。足のいい奴になっている。また、要らんってんのにスポーツグレードのCt.sを追加した。

2代目(R11型、1995年-2000年)[編集]

  • 1995年1月 初のフルモデルチェンジ。スタイリングは初代よりも不気味で、特にリアコンビネーションランプは、土偶の目を思わせる造形で、カリーナEDよりは確実にキモい。カオが妙に明るくなった。
  • 1995年某月 魔法騎士レイアースによって名前をパクられる。
  • 1997年8月 マイナーチェンジ。フロントとリアを中心に意匠変更がキモいものはキモい。
  • 2000年8月 日産リバイバルプランという「セダン撲滅運動」の一環として日産のラインアップ削減が行われ、プレセアもブルーバードシルフィに統合される形で惜しまれる事なく生産・販売が終了された。
  • 2003年7月 テイルズオブシンフォニアに名前がパクられる。
  • そして今もどこかの漫画で名前がパクられている。

車名の由来[編集]

  • プレセアPresea)」は、スペイン語で「宝石」や「大切なもの」を意味する。プリメーラもスペイン語だかこのときの日産のマイブームなので気にするな。社内の女性デザイナーが名付け親とされているがこの人が美人かどうかはお察しください。グレード名は無駄な高級感を出すため「ct.(カラット)」を使用していた。ボディカラーも全て無駄に宝石の名前を冠していたが覚えてねぇよ。

CM[編集]

上に書いたように妙な和風な感じが不気味な車であった。

備考[編集]

  • 警察では、捜査用覆面パトカーや機動隊の連絡車として愛用されている。
  • 名前のパクリだが魔法騎士レイアースは自供している。

関連項目[編集]


Uroborosu.png え、えーと…この項目って本当に日産・プレセアであってたっけ?
ちょ、ちょっとぉ! シカトしてないで教えてよ! (Portal:スタブ)