日産・ラングレー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日産・ラングレー」の項目を執筆しています。

ラングレー(Langley)とは日産自動車がかつて開発していた乗用車だと思われていたスカイライン所有シミュレーションRPGに登場する架空のスポーツカーである。キャッチフレーズはスカイラインズ・ミニ(Skyline's Mini)を所有するRPG。どうだ、テイルズシリーズより個性的だろ。

概要[編集]

プレイヤーはスカイラインっぽい(といっても大して似ていないパルサーことラングレーを日産プリンス系列の販売会社で購入する事から話は始まる。そして2回に渡るフルモデルチェンジと「なんだお前スカイラインが買えないんだ」という嫌味に打ち勝ちラングレーを所有し続けるという壮大なストーリーだが、ラングレー史上最大のプレイヤー、宮崎勤の車と同じ車なんて嫌だよ!ふざけんな!というプレイヤーがあまりにも多くなり、現在のプレイヤーにはほぼ見られない貴重な個体である。

似たようなものにローレルスピリットがあるがこちらはローレル所有シミュレーションRPGであるから気をつけろよ。

本来は惣流・アスカ・ラングレーと名づける予定だったが、車名が長すぎることと、いすゞ自動車が「アスカ」を商標登録していたため急遽「ラングレー」になったらしい。

歴史[編集]

ラングレー・スカイラインジャパンと同じ顔のパルサー N10型(1980-1982年)[編集]

1980年6月発売。N10型パルサーをベースに、フロント・テール周りの意匠を変えて設定したRPGである。ヘッドランプレンズはスカイラインより流用テールランプレンズはローレルより流用ってローレルスピリットに流用しろよバカタレが。特にフロントは同時期のスカイラインと共通のデザインであったから上のようなコピーが付いた。広告宣伝では「スカイラインの神話がミニになった。愛のラングレー」という神妙不訶思議でうさんくさいキャッチコピーで、スカイラインとの関連性が無駄に強調され、なぜか任天堂もとい資生堂とのコラボレーションもあり、その広告も話題となったそうだが知るかそんなこと。

ボディバリエーションはパルサーとは異なり、3ドアハッチバックのみの設定であったがセダン入れる労力惜しむなバカタレが。

1981年3月のマイナーチェンジでオートマ車が新たに設定された。スカイラインよりもオートマに乗りやすくていい車だった。このATは日産内製のFF用のわざわざ新設計のものであったそうだ。贅沢過ぎである。

ラングレー・スカイラインに似てる気がしない N12型(1982-1986年)[編集]

1982年に登場した2代目ラングレー。フロントとリア以外はN12型パルサーそのもの。

1982年6月発売。前モデルのN10型と同様、N12型パルサーの一部の意匠を変えたモデルであった。このモデルよりそれまでオースタースタンザの姉妹車だったリベルタビラもラングレーとパルサーの姉妹車となったぜ。良かったね。パルサー・リベルタビラとの車体デザイン上の相違点はグリル・テールランプが異なる程度でスカイラインに似せる気がない。

ボディバリエーションはふざけた事にパルサー・リベルタビラにあった4ドアセダンは設定されず、3ドア・5ドアハッチバックのみであったから客をナメている。

キャッチコピーは4代目スカイラインのキャッチコピー「ケンとメリーのスカイライン」をパクった「ポールとポーラのラングレー」であり、CMソングもケンメリと同じBUZZが担当。ちなみにこのポールはポール牧でもポール・マッカートニーではなく、後々ケロロ軍曹にポール森山として登場している。

ラングレー・待望のセダンと宮崎勤 N13型 (1986-1990年)[編集]

ラングレーの兄弟車・リベルタビラ。左が初代、右が2代目。

1986年10月発売。前モデル同様、パルサー軍団が姉妹車であったがどうだっていいよ。ようやく設定されたセダンのリアコンビネーションランプを丸型にすることで、無駄にスカイラインのイメージを持たせていたがもう遅い。こんなんでも日本カー・オブ・ザ・イヤー及び日本パクリゲーム大賞受賞している。ちなみに当時のプレイヤーはのちにF1レーサーとなる、鈴木亜久里だったのはあまり知られていない。

ボディバリエーションは4ドアセダンと3ドアハッチバックで、リベルタビラとボディを共用していたがそれは日産のゲーム感覚がどうでもよくなったからである。

また、なんと、待望の「GT」のグレード名が与えられ、スカイラインとのイメージをさらに強調したことによりプレイヤー数を増やそうとしたが増えるかよ。

しかし!1988年から1989年にかけて宮崎勤がラングレーを使い少女4人を虐殺するという反則プレイを実行、宮崎が逮捕され人気がガタ落ちする。おかげで犯罪者の車というレッテルを貼られた。元祖風評被害の車である。

1990年8月にパルサーのモデルチェンジをいいことにラングレーはリベルタビラとともに統合され消滅したとされているが、実際は宮崎勤のラングレーと呼ばれた事に日産の開発陣がブチ切れて消滅させたと言われる。

ゲームとしてのテイルズオブラングレー[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「テイルズオブラングレー」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

 ラングレーはローレルスピリットとほぼ同じプレイ方法であるが、スカイラインを模していることから人気は高かったらしい。しかし、最強のプレイヤー、宮崎勤の猛烈なプレイが人々の心に悪い意味で響き、ラングレーをプレイするだけでロリコン犯罪者扱いされる事から中古への売買が激化。その最期はローレルスピリットより悲しいものだった。

関連項目[編集]

ペダルが引っ掛かります この「日産・ラングレー」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)