日高本線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日高本線」の項目を執筆しています。

日高本線とは、JR最短の本線にして謎多き路線である。

概要[編集]

北海道5番目くらいの都市・苫小牧市から厚真町むかわ町に伸びる、全長30kmのこじんまりとしたローカル線である。

しかし、日高と名乗っているにもかかわらず日高振興局管内は通らない。おまけに冒頭で述べた通り、2021年現在JRで最短の“本線”を名乗る路線となっている。

このようにやたらと中途半端な路線だが、未成線(途中で飽きて作るのをやめた路線)の類などではない。実は以前は日高管内まで線路が伸びており、様似町まで列車が走っていたのである。どうしてこうなったのかは後半で詳説する。

区間の特徴[編集]

苫小牧-鵡川[編集]

現存する区間である。

苫小牧郊外の原野・時々工場地帯を行く路線。終着の鵡川まで町らしい集落はない。町に出たと思えばすぐに終点だ。その運行時間は30分ほど。

利用状況としてはローカル線のセオリー通りに高校生の通学および高齢者の病院通いに利用される。

また特筆すべき点としては10-11月のししゃも需要[1]がある。この区間中の特に休日に「どうせ閑散路線だ」と思って乗るとと肩透かしを食らうほどだ。まあたかが知れているが。だってみんな車があるもん。[2]

鵡川-様似[編集]

2021年に廃止された区間だが、事実上のバス転換後も線路や駅舎が大体そのまま残されている(単純に撤去する金がないだけである)。

利用状況としてはやはりローカル線のセオリー通りに高校生の通学および高齢者の病院通いに利用される。というかバス停を駅前から高校・病院前に移したところまであるし……。

一部廃線に至るまでの経緯[編集]

2015年、高潮の影響で海沿いの線路がやばいことになった[3]。しかし、金もなければ復旧させるのも('A`)マンドクセとJR北海道は早々に復旧をあきらめ、世にも珍しい「在来線と称する事実上のバス路線」に転換することにした。列車代行バスを鵡川-静内、静内-様似間で運行し、列車の代わりとしたのである。

地元利用者がバスの利用に慣れた頃、多くの路線を手放し無になりたいJR北海道は沿線自治体に日高本線に関して二択を迫ることとした。すなわち「このまま『在来線と称する事実上のバス路線』であり続ける」か「正式にバス転換しバス路線となるか」かであった。そして後者を選んだ場合には利便性に関して最大限に便宜を図るとされた。要するに線路を復旧させる気は毛頭なかったらしい。

それに対し沿線自治体は前者を希望していた。どうせ実質バス路線であることには変わりないのだから後者の方がお得に見えるが、過疎化にあえぐ自治体としては鉄道の名にすがりたかったのだろうか。もっとも、利用する側としては在来線でいてくれるおかげで青春18きっぷ一日散歩きっぷでお得に利用できたため、ありがたかったといえばありがたかったのだが。

そんなこんなで議論はもつれ、当面は『在来線と称する事実上のバス路線』であり続けるというどっかで聞いたような事が繰り返されるものと思われていたが、名称と実態があまりに一致しないとして国土交通省に怒られ、とうとう路線ごとNRVが貼り付けられてしまった。

進退窮まったJR北海道は、2020年10月に『鵡川~様似間116kmを2021年4月1日に廃止する』と正式に発表した。そして同日限りで廃止となり、日高本線は名実ともに「JR最短の本線」となった。また、鵡川~様似間も正式にバス路線となった。

運行車両[編集]

  • キハ40
    北海道のみならず日本各地のローカル線で見られる車両。御多分に漏れず日高本線でも活躍している。

過去の車両[編集]

  • キハ130
    日高本線用に作られた車両……だったんだけど、あまりにアレだったので粛清されました
  • キハ160
    1両のみ存在したという言い伝えがあるが、真相は定かではない幻の車両。

関連項目[編集]

  • 室蘭本線千歳線……苫小牧から乗換可能。
  • DMV……列車でありバスでもあるのような乗り物。鉄道路線とバス路線を併せ持つ日高本線にぴったりのはずだったがボツに。
  • 北海道旅客鉄道

もっと日高本線のことを知りたい人はこちら→https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日高本線

脚注[編集]

  1. ^ 鵡川駅のあるむかわ町はししゃもで有名な町である。
  2. ^ とはいうものの、現地の駐車場にも限りがあるので公共交通を利用するという選択は間違っていない。というかみんなもっと公共交通を使ってください。
  3. ^ この痕跡と思われる光景は鵡川-旧静内あたりで見ることができる。なんと線路や橋がなくなっているのである。
この「日高本線」は、廃線の危機にあります。存続して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)