明大前駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

明大前駅は、東京都世田谷区にある京王線井の頭線の駅という名目の弾薬庫エクストリーム乗り換えの開催地としても有名。

概要[編集]

開業時は「火薬庫前」というものものしい駅名だったこともあり、現在も弾薬庫が設置されている。その影響もあってか、新宿・渋谷・吉祥寺へ1本という、交通の便のいい駅であるのにもかかわらず周辺はさびれている。駅前にロータリーすらない現状である。この点は京王線で最も不要な某駅にも負けている。

明治大学が周辺にキャンパスを設立したことを機に、学生らが調子に乗って駅名を「明大前」に変更。周辺住民からは「松原」にしろ、との要望が根強い。

駅前には学生に媚を売ってか、居酒屋やパチンコ屋が多く、夜中にも学生らが騒ぎ立てる不法地帯となっている。もっとも、明大前にある明治大学和泉キャンパスは、文系学部の1・2年生が通うキャンパスでありそのほとんどが未成年であるため、居酒屋が存在すること自体、ここが不法地帯であることの象徴なのである。

不法地帯ゆえにボクシングを会得する者も多い。京王線沿線にボクシングジムがあれば、そこは明大前だ。

その状況を改善しようと京王は「フレンテ明大前」という駅ビルを建設したが、テナントが脆弱なうえ、もともとその場所にあった「無事湖」という池を潰して作ったため、周辺で事故が相次いでいる。その死者を弔うため、周辺には墓場も多い。まさに不法地帯である

駅構造[編集]

京王線・井の頭線ともに相対式ホーム2面2線の構造。駅内部は異常に狭い。

両線ともに全種別の列車が停車する。朝の通勤ラッシュ時には列車が渋滞する。

エクストリーム乗り換え[編集]

朝は八王子・府中・調布・京王多摩センター方面から渋谷方面へ乗り換える競技者が殺到する明大前ダッシュが開催される。 詳しくはエクストリーム乗り換えを参照。

ガスト[編集]

駅周辺にはガストの店舗が異常にある。確認できるだけで3軒。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「明大前駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)