芦田愛菜がいない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は明日、ママがいないだから。君は間違っていないよ。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「芦田愛菜がいない」の項目を執筆しています。

芦田愛菜がいない(あしだまな-)とは日本テレビ2014年に開発・発売された、いかに児童相談所などから怒りを買えるかを争うゲームソフト。明日、ママがいないはCMの聞き間違いである。また、ネットユーザー社では「明日、スポンサーがいない」というパロディゲームを発売している。

概要[編集]

ゲーム起動画面

21世紀最高売り上げを記録した家政婦のミタなどを発売したゲームメーカー・日本テレビが発売したゲームソフトで、母親がご近所トラブルで降板し生まれたばかりの子供・芦田愛菜赤ちゃんポストに預けるところからゲームがスタートする。預け終わるとプレイヤーが芦田となる。ボイコットする母親を継いだ芦田が9歳になるところから第一章が始まり、芦田は「ポスト」とあだ名をつけられ、同じ児童養護施設にいる同年代の子供たちのリーダーとなる。

そこからはリーダーであるプレイヤーが同世代の子供(CPU)に複数ある候補からあだ名を決める。候補はすべてが酷いものしか組み込まれていない。また、施設の大人からも罵声を浴びせられる。第一章をクリアしてもプレイヤーは第二章の前に病院から「ゲームをリタイアしろ」や「そうしないと裁判にするぞ」などと会見で2度程求められたり、児童養護施設や里親たちから子供の偏見被害を調査されたりするなどされゲームを終了するように求められる。さらに第一章のせいで元孤児がリストカットすることもある。続行を選んでも一般人ネット民からゲーム内のスポンサーに苦情の電話を入れられる。

第二章では、スポンサー名を表示しない対応を取る。また火事の現場に人間が来るのと同じ炎上商法を利用してプレイヤーを擁護する者を増やそうとしたが、結果として0.5人少なくなり、スポンサーが3社、トータル5社降り、残り3社となる。第二章終了後に岡村隆史が「これで終了したらゲームは終わりかけている」と述べるなど第三章へ向けての難関が待ち受ける。また、クレームに対しては選択肢があるが、「最終章までプレイしてくれれば分かるよ!」というコメント以外は「でもきっと最終章はいいんだよ。違うコメントにしよう。スポンサーにも迷惑がかかるしね。」「プレイヤーが可哀想じゃない?違うコメント(ry」などとCPUに込みこまれているためそれ以外の選択肢は実質ないのと同じである。しかし、第三章の前に第三章エピローグを放送しないように要請しその代わりとしてACジャパンがスポンサーとなることとなった。

施設からの抗議が目立つことはほぼなかったが、代わりに「ポポポポーン」を思い出すという苦情が殺到した。その後、プレイヤーが施設らと協議し、ゲームの今後の展開を変えるということを決め、プレイ継続へ向けての難題が消える。

一方、第4章からはこの騒動を受け厚労省が施設の調査を行うことを決定し、2013年に発売されたゲーム・半沢直樹(TBS社)で話題となった倍返しの方向へと向かうが。このタイミングでプレイヤーは謝罪をするようにCPUが組み込まれており、「クソゲー」という評価が高まる。これ以降、特筆するようなものもなかったが、最終章を目前としたところで男子高校生から進行を中止することと謝罪することを求めるネット上署名がプレイヤーに提出されたが、プレイヤーは「提出されました」と述べるだけで選択コマンドもないなど特に目立たなかった。最終章では、結局世論からも「いいゲームだった」という声があった。しかし、AC社がプロローグを続けることは変わらなかった。

スポンサーがなくなった場合、自ら終了を選択した場合はゲームオーバーとなるがそれでも裁判は行われる。尚、第4章以降は裁判が行われる可能性は著しく低くなっている。

登場人物[編集]

  • ポスト
先述のため省略
  • ドンキ
母親が警察に捕まり、当初は母親を待っていたが次第にポストと共に立ち向かう
  • ピア美
ポストを尊敬し最初から戦い続ける
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Ronjeremy mario.jpg このゲーム「明日、ママがいない」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)