明石健志

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「明石健志」の項目を執筆しています。

明石 健志(あかし けんじ 、1986年1月9日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手。右投左打。北海道旭川市生まれ、山梨学院大付高卒。

経歴[編集]

小学5年生のときから中学生の硬式チームに入っていた。中学1年生のときは3番ショートだった。

50メートル5秒6の俊足、遠投110mという身体能力の高さから注目されており、2003年ドラフト4位で福岡ダイエーホークスに入団。

入団1年目の2004年5月2日、大阪近鉄バファローズ戦で初出場すると、高卒ルーキーながら、初打席初安打となる三塁打を放った。その後は、あるんどの移籍、半開きの不調などもあり外野手での起用が検討され、経験を積むため一軍を離れた。

2005年は、井口資仁の移籍などで、A組キャンプでは二塁手のシートノックでは、一番手で受けていた。しかし、開幕一軍を逃すと、2007年の交流戦終盤まで一軍に呼ばれることはなかった。2009年はシーズン終盤まで出場機会が得られなかったが、数少ないチャンスで結果を残し、現在覚醒中である。8月26日のロッテ戦でコバヒロからプロ初本塁打を放ったが、これは過去に髪の毛を編み込む「コーンロウ」など奇抜なヘアスタイルで話題になった彼が明石の後ろ髪に惚れ、投球にまったく身が入らなかったためだと言われている。また、U-26NPB選抜対大学日本代表戦のU-26NPB選抜候補選手に選ばれたが、これは監督の高田繁氏も明石の後ろ髪を評価したからである。 

人物[編集]

チーム内では川﨑宗則に次ぐ俊足であり、外野を打球が突破すると高い確率で三塁打が狙える俊足は群を抜く。モーション盗むのがとにかく上手い。二軍では外野手としての出場も多いが、「球際に弱い」とよく言われていた。性格は非常に冷静でクールで、熱さが足りないことを指摘されている。また、試合中に声を出すこともほとんどない。ホークス以外のチームなら、すでに戦力外になっているような選手である。伝染型スペランカー病感染者の一人。

秋山幸二監督が二軍監督であった頃、打撃練習中にガムを噛んでいることをとがめられたことがある。雁ノ巣選手の中では異彩を放つ長い後ろ髪が特徴。結果が出ようが出まいが「後ろ髪を切れ」とよく言われているが、これが2009年シーズンの覚醒につながっているとは監督は気付いていないようである。ただ髪を切れと注意されているうちはまだいい。なぜならチームメイトのN.Mさんは切る髪すら…おや、誰か来たようだ。女性人気が高いが本人はあまり快く思っていらっしゃらない様子。ジョジョと同期だが、2人とも成績は検閲により削除

背番号は36 (2004年 - )

明石へのコメント[編集]

「後ろ髪を切れ」
明石健志 について、秋山幸二監督
「後ろ髪を切れ」
明石健志 について、森脇浩司ヘッドコーチ
「後ろ髪を切れ」
明石の後ろ髪 について、ライオンズの選手
「お前らが言うな」
ライオンズの選手 について、明石健志
「どこで髪切ってんの?」
明石健志 について、小林宏之

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「明石健志」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)
こん項目「明石健志」は、執筆者がクラックばキメとった可能性もあるけんが、今はまだクソの山ばい。より愉快にして下さる協力者ば求めています。さぁ、これば見とる貴方(貴女)も、恥ずかしがらんでん書き込んで見よう! (Portal:スタブ)