星のカービィ2

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

星のカービィ2は、1995年頃ゲームボーイで任天堂HAL研究所から発売されたゲームソフト

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「星のカービィ2」の項目を執筆しています。


概要[編集]

呆れかえるほど平和なプププランドが黒い雲に襲われた。ダークマターという謎のツンデレがポップスターを我が物にしようとやって来たからである。面倒臭いカービィはリック、クー、カインの3匹のしもべ達をこき使い、迷惑な侵略者を撃退しに行く。

ハムスター、フクロウ、そしてマンボウという、どう見てもただの動物にしか見えない「しもべ」を心行くまでこき使えるという、今までのカービィゲームでは類を見なかった斬新なゲームシステムが生粋のSたちの間で話題を呼んだ。ドンキーコングでは既にあるけど。ちなみにこのゲームを動物愛護団体動物虐待で訴えたという話もあるが、任天堂の力で解決させたため表沙汰にはならなかった。

名前に『2』とあるように、カービィシリーズの正式なナンバリングタイトルである。しかし実際にはシリーズ2作目の『夢の泉の物語』よりも結構後に発売されている。その理由は「サークライなんぞいなくたってカービィは成り立つんだよヴァーカ!!」と反逆を決意した抵抗勢力とサークライとのすったもんだによるものであり、渋々了解したサークライのおかげでようやく発売に踏み切った。

今回新たに登場したキャラクター達は後に発売されたサークライ監修のゲームには殆ど、いや、一切登場していない(一応『大乱闘スマッシュブラザーズDX』にリックのフィギュアが入っているが[1])。この事実はダークマター族と反サークライ勢力の琴線に触れたものの、『星のカービィ スーパーデラックス』が発売される前だったので特に何も起きなかった。が、その後発売された『星のカービィ3』をきっかけに、互いのプライドをかけた醜い全面戦争が始まることになる。

何すればいいの?[編集]

3匹のしもべ達を駆使(酷使)しながら各ステージをクリアすればいい。正直サド気味のプレイヤー以外にはお勧めできない。最後にボスをフルボッコすれば次の面に進める。ていうかそんな事聞かなくても普通に分かるだろ。

コピー能力はどうぞ使ってくださいとばかりに色々な敵が持っているが、自称上級者なら別に必要ない。でも虹のしずくという隠しアイテムを手に入れるなら必要。じゃないと真のラスボスとは戦えない。別になくてもデデデ大王は倒せるが、敵キャラのカーテンコール的な偽のエンディングを延々と流されるはめになる。それでも良いなら別に集めなくたって構わない。無限ループが続いてもいいのなら。

3匹のしもべ達[編集]

しもべ達は、大体敵の中ボスに袋詰めにされて捕まっているパターンが多い。そのためカービィは中ボスを倒し、しもべを解放する必要がある。解放した後は、背中に乗ったり足に捕まったりして『合体』する事が可能だが、別にしなくてもいい。この時コピー能力は合体したしもべによって異なる。しかし彼らは発想力にも乏しいため、繰り出せるのは前作までのコピー能力の技を使いまわしたものが主となる。

リック
ハムスター。実はハム太郎。他の2匹と違い、空を飛べなくなる・カービィのご飯を横取りするなどの欠点があるが、カービィとは一番仲がいい。『大乱闘スマッシュブラザーズDX』にフィギュアとして収録された、何気に強運の持ち主。ただし続編の『X』では収録されなかったが。
クー
フクロウ。太っちょだがカッコイイ。性格はクーデレ。空を飛べたり、逆風に対向できたりする。
カイン
マンボウ。スイスイ泳ぐことができる。作中で、なぜかカービィは彼にだけ比較的、冷たい。ただし乱暴に扱うと不満を爆発させて裏切るかも知れない。なぜだっカインッ!!
ロリコンの存在に気づいて目つきが変わってしまったカイン。

カービィの項目も参照。

すでに合体している状態で袋を開けるとグーイが出て来る。触るとなぜか体力が回復する。何で?後、たまに可愛い女の子を袋詰めにするロリコンな中ボスもいる。

しもべの主な利用法[編集]

  • 身代わりになってもらう。
  • 泳げない自分の代わりに無理矢理泳いでもらう。
  • 背中や足に捕まったりして、自分だけ楽させてもらう。
  • 代わりに宿題をしてくれる
  • 食器を片付けてくれる
  • トイレ掃除をしてくれる
  • 自分のミスをなすりつける
  • 谷底へ落ちそうになった時に離脱して助かる。実際は見えない力が働いているので、大体しもべもろとも道連れにされる。

必要なくなったときは以下の奴を利用すべし。

プロペラー
頭にタケコプターを生やした未知の生物。カービィの人気に嫉妬した未来のネコ型ロボットが送り込んできたひみつ道具で、触れるとしもべが一撃で昇天する。スカーフィチックと一緒で、顔が変貌するタイプ。64にも出てくるが、こっちは終始カワユイまんまである。氷が苦手だったクセに、何故かアイス能力を身につけた。 

主な地名[編集]

グラスランド
普通の草原。
ビッグフォレスト
普通の森。
リップルフィールド
普通の海。
アイスバーグ
普通の氷河。
レッドキャニオン
普通の山脈。
クラウディパーク
普通の雲海。
ダークキャッスル
普通の最終ステージ。

普通の~と言ってはいるがダンジョンがある時点で普通ではない。

大王様と手下達[編集]

  • カゼひき大木 ウィスピーウッズ
    どこにでもいる木。受験生みたいな眼鏡とマスクをかけているが、別にバトルに役立ってるわけじゃない。地味に根っこ攻撃という新技が追加されている。
  • 猪がボス?ありえない、何かの間違いではないか? ヌラフ&ネリー
    猪。子沢山のようである。
  • 怖い海洋生物 スイートスタッフ
    どこにでもいる提灯アンコウ。アンコウのなのにビームを発射する。近年は細木和子に「『スイーツ(笑)スタッフ』に改名しなきゃアンタ地獄に落ちるわよ!!」と断言され、本当に改名しようか悩んでいる。
  • 尻尾でなぜか空を飛べる アイスドラゴン
    どこにでもいるドラゴン。竜の割には2頭身程度しかなく、迫力が微塵も無い。だがカワイイから許す。翼は無いが尻尾で空を飛べる。実はひそかに凄い特技。
  • 敗因はどう見ても月のせいです、本当に(ry ミスターブライト&ミスターシャイン
    どこにでもいる月と太陽。ただし本当に太陽が戦いに行ったらポップスターが燃え尽きるので、実際はその分身が戦っている。カービィとしもべのgdgdな連携に対抗して、2人がかりで日食攻撃を繰り出してくる。強力な全方位攻撃なのに結局負けた。ブライト曰く「シャインの奴、いちいちカッコつけるせいでカービィに光が当たんねえんだよ!!」。だが実際にはブライトの攻撃でカービィがバーニングをコピーしただけである。
  • 一つ目雲 クラッコジュニア&クラッコ
    どこにでもいる雲。兄弟ではなく同一人物。別にジュニアってつけなくてもいいじゃん。雲なので雷落としてカービィを黒焦げにしたりする。ビームを発射してカービィを狙撃したりもする。
  • 本当にペンギンじゃないんだな? デデデ大王
    ダークマターに操られた、我らが大王様。寝不足でしかもカルシウムまで不足しているので下手に刺激するとキレる。ガチで強い・・・のはキレた時だけで、慣れれば一番弱い。
  • ロリコン撲滅委員会の尖兵 ダークマター&リアルダークマター
    どこにでもいるラストボス。本当は皆と仲良くなりたいツンデレである。最初は剣士の姿だが、一度倒されるとバックベアードに変身。「このロリコンどもめ!!」と罵倒しながらポンデリングやビームを乱射し、怒涛の猛攻でロリコンどもをお仕置きする。変身後は大気圏へフォーリングしているので、早く倒さないと大気圏の摩擦で燃え尽きる。なのにこいつだけは全然燃え尽きない。不公平だろ常識的に考えて…。

脚注[編集]

関連項目[編集]

カービィエリア.PNG この項目「星のカービィ2」は、まだカービィのおやつにすらなりません。フルコースにして下さるコックカワサキを求めています。 (Portal:スタブ)