星のカービィ スーパーデラックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「星のカービィ スーパーデラックス」の項目を執筆しています。

星のカービィ スーパーデラックス』(ほし - )とは、スーパーファミコン向けコンピューターゲームの一つであり、星のカービィシリーズの主人公・カービィによる様々な宇宙征服の過程を学べるゲームである。オムニバス形式で、全部で6つのストーリーを収録する。別名『0% 0% 0%』。

概要[編集]

YouTubeでの投稿動画において見られたセーブデータ消失の一例。ここで「0の呪い」に取りつかれたプレイヤー(左上)は後に開いたオフ会で「参加者0人」を記録した

本作全体の特徴の一つにヘルパーという特有のシステムがある(リメイク作品ウルトラスーパーデラックスにも受け継がれたが、トリプルデラックスにはない)。このシステムでは敵キャラを洗脳して味方にし、奴隷のような存在としてこき使うことができ、使用回数の限られる能力以外で味方を召喚できる(ちなみにウルトラスーパーデラックスでは、ソードから二種類のヘルパーが召喚できる)。

が、最大の特徴はデータの消えやすさである。本作では3つのセーブデータを保持できるが、ゲームを終了して次に起動したときには大抵の場合全てのセーブにおける進捗状況が消えており(ソフトに僅かな衝撃を与えただけでも、あるいはまったく与えなくても)、画面には0% 0% 0%という形で進捗度が表示される。ゲーム全体の長さも相まって、ここでの「0%」がプレイヤーに与えるショックというものは相当大きなものである。

ゲームモード[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速でおやつを完食できるようになります。

もしあなたが、はるかぜとともには初代カービィのリメイクであり、コピー能力が使えるぶん難易度が非常に低いことや、白き翼ダイナブレイドはマップ式ステージ選択式ゲームで、やはり難易度は低めであることや、激突!グルメレースはバトルが存在しないレースゲームであることや、洞窟大作戦はかなり長い道のりのループ式ステージになっており、道中のお宝を見つけていくやりこみ要素満載のゲームであることや、メタナイトの逆襲は、戦艦ハルバードに乗り込んでメタナイト一味とバトルを繰り広げていくハイスピードアクションゲームであることや、銀河にねがいを…は月と太陽がケンカを始めてしまったため、星々を回って機械仕掛けの彗星「ギャラクティック・ノヴァ」の力を使って平和を取り戻すというお話であることや、銀河にねがいを…の黒幕は開幕に登場する道化師マルクであることや、銀河にねがいを…のステージセレクト画面で、一見背景に見える緑色の星が実は隠しステージであることや、すべてのゲームをクリアすると、すべてのボスと連続で対戦する格闘王への道が解禁されることや、むしろ格闘王への道が解禁されてからが本番であることや、格闘王への道で勝手にMトマトを食べると友人とケンカになることや、ハデにケンカしてスーファミを蹴ってしまいセーブデータが消えたら、なんだかケンカする気力も失せてしまうことを知らないのであれば、充分注意して、常におやつのストックを欠かさないようにしてください。


はるかぜとともに
初代カービィそのままのストーリーで敵が弱くなっているようなもの。特に、デデデ大王の強さが初代のリメイクにしてはあまりにも弱くなっていすぎている。初代エクストラモードをデデデ最強と呼ぶ声が高いのに対し、こちらは最弱の一つとして数えられている。その他のボスも初心者の練習用ゲームというだけあってウイスピーウッズロロロ&ラララクラッコとシリーズ最弱と呼ばれるボスたちが勢ぞろいしている。
白き翼ダイナプレイド
はるかぜとともにとは異なり、このゲームにはボスがダイナブレイド以外は登場しない。そのダイナブレイドもあまり強いとは言えない。あとステージごとにカービィ定番のゴールゲームがあるが今作ではこれだけである。
激突!グルメレース
カービィとデデデが道に落ちている食べ物をどれだけひろい食いをできたかを競うゲーム。ゴミ拾いを啓発するためのものだと考える人がいる一方で、ただ単にひろい食いを正当化するためのものだと考える人もいる。
洞窟大作戦
海があり、古代の塔があり、雲があったり、木が生えていたりともはや洞窟とは呼べない洞窟「マジルテ」に落ちたカービィ。すぐにそこから出ればいいのに、なぜかはわからないが急に宝探しを始め、クジラやカメレオン、コンピューターの画像、はてはたらこ唇の魔人と戦いながら60この宝物を探すという意味不明なゲーム。しかもそのお宝の内容が「じょうぶなおなべ」というふつうのもの(土が結構こびりついていると思われる)や「ふはつだん」という危険物などがある一方で、化石や「○○(季節が入る)のおもいで」など、あまりにも落差が大きい。そのためお宝を探すのに熱中しすぎて脱水症状を引き起こした人がいるとかいないとか。宝をすべて収集するにはだいたい6000時間ほどかかるので注意が必要であり、また、前述したセーブデータの消えやすさも相まって大抵のプレイヤーは耐えきれず中古ショップへ売りに出してしまう。
メタナイトの逆襲
有名な一頭身ナルシスト仮面騎士メタナイトのプププランド征服の野望を阻止する作品。絶対に沈む戦艦ハルバードや役立たずのメタナイツ、責任能力皆無のバル艦長あひえぇぇぇ鳥などこのシリーズ屈指の迷キャラ彼らの迷言が多い。この戦艦ハルバードはリメイク後の『メタナイトでゴー!DX』でなんと持ち主の手によって沈められている。
銀河にねがいを
スーパーデラックス最後のゲーム。太陽の間で喧嘩が起きたことを発端に、それを止めるためには機械仕掛けの彗星「ギャラクティック・ノヴァ」の力が必要だと一頭身の道化師マルクに教わったカービィが、八つの星を回ってドラゴンボールを集めたことによりついにギャラクティック・ノヴァを召喚する。しかし、突然その場に乱入したマルクによってカービィはまさかのギャラモラッテク・ノヴァをされてしまう。自身の企みのために月と太陽の喧嘩を引き起こしたマルクはカービィを暗殺しようとし、ギャラモラッテク・ノヴァの暴走と多額のギャラによって、カービィの母星であるポップスターの制圧を目指すのであった。
様々な技を駆使してカービィを苦しめるマルクだったが、ただ、マルクがなぜノヴァを起動したのかというのが疑問に残る。なぜなら、マルクはカービィにいろんな星を回らせた結果、好きな能力を好きなときに使用できる「コピーのもと」を回収させてしまい、結果としては、何もない宇宙でコピー能力を使えないはずだったカービィが好きなときに好きな能力を使えるようになってしまったからである。このようにカービィを強くする手助けをしてしまったという点から見ても、彼は相当後先のことを深く考えずに行動し、自分の首を絞めてしまうあほとしか言いようがないと思われる。

関連項目[編集]


カービィエリア.PNG この項目「星のカービィ スーパーデラックス」は、まだカービィのおやつにすらなりません。フルコースにして下さるコックカワサキを求めています。 (Portal:スタブ)