星は歌う

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ダース・ヴェイダーの正体はルーク・スカイウォーカーの父親であることや、U.N.オーエンの正体はローレンス・ウォーグレイヴであることや、太陽の翼はアクエリオンそのものの事だったことや、グリッドマンと新世紀中学生、アレクシス・ケイブ以外の全ては『新条アカネ』の創作物に過ぎないことや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、白金とディーン・メーストルと才賀貞義とフェイスレス司令が同一人物であることや、グランドリオンはエルニド諸島へ持ち去られた後、魔剣になることや、渡橋泰水は涼宮ハルヒが無意識に作り出したもう一人の自分であることや、本郷猛は死んでしまうことや、阿Qが処刑されることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「星は歌う」の項目を執筆しています。

星は歌うとは、漫画家高屋奈月が『花とゆめ』にて連載している、希望溢れる少女漫画である。

概要[編集]

そもそも少女漫画と聞いて男性が思い浮かべるのは、どのような内容の物語であろうか。一般的に少女漫画らしい印象を持つ漫画と言えばカードキャプターさくらであろう。その漫画では明るい展開が終始続き、暴力的な言葉も一切無く、恋愛ものの展開も素晴らしいため、子供にもとても優しいのである。更に主人公が可愛いし、可愛いし、可愛いし……

と、とにかく、少女漫画にあんまり詳しくない男共が持つ少女漫画の印象は「明るい」展開だったりするだろうし、悪く言えば「オタクな男性も夢中になる」などとも言われるかもしれない。セーラームーンやらプリキュアみたいな可愛い少女がなんか頑張るお話が有名になって行くうちに、世の中では少女漫画らしい展開と言えばそういうものだという偏見が生まれている可能性もあるのである。

そういう偏見を持つにはぜひこの漫画を読むことをお勧めする。他にもお勧めすべき漫画はあるだろうが、とにかくこの漫画の内容は「少女漫画らしさとは何か?」を改めて考えらせるものの1つであると言えるかもしれない。1人1人のキャラが「現実」というものの残酷さに苦しむ心理描写が鮮明に描かれており、小学生の女の子が読むには少々内容が分かりづらいんじゃないかと突っ込まれるくらいの内容となっているのだ。え、さっき冒頭で「夢と希望溢れる少女漫画」と説明しなかったかって? 何、気にすることはない。

現実と幻想[編集]

物語の登場人物たちは椎名サクヤを始めとした子供たちが、非情だが逃げ出すことのできない「現実」に苦しめられながらも生き続け、やがてそれを乗り越える展開へと繋がって行くのである。逆にファンタジーというものがどれだけ美しい存在でどれほど儚い存在なのかが感じられると思う。

だが、この作品の子供たちが「現実」に苦しめられている原因のほとんどはダメな親のせいである。小学校低学年の子供にでも「あぁ、コイツはダメだ」と言わせれる程非情な親がいるせいで子供たちが苦しめられてるだけで、単純に現実の醜さを訴えてる訳ではない。どちらかと言うとこんな非道なことをする親が実際にいて、それによって苦しめられている子供たちが世の中にたくさんいるということを訴えていると解釈する方が正しい。という訳だ。子供に虐待やら厳しい仕打ちをしてる親どもは今すぐこの漫画を読んで考えを改めやがれ。

え、だから冒頭で「夢と希望溢れる少女漫画」と説明しなかったかって? 別にいいじゃないか。少女漫画だというのに冒頭でいきなり「重苦しい漫画」と評してどうするのよ。そもそも単に重い物語なだけではなくこれから彼女たちは歩み寄ってくるんだから。いわゆる可愛いウソっていうものですよ、テヘ。

登場人物[編集]

椎名サクヤと愉快な仲間達[編集]

椎名サクヤ(しいな - )
声 - 戸松遥
被害者その1。星空鑑賞同好会、通称「ホカン」の部長。父親の再婚相手である継母からいじめを受け、最終的に父親に見捨てられた少女。
父親に捨てられて従兄の宮古奏と暮らし始めた頃は非常に小柄で、それまでろくに食事を取らせて貰えなかった生活を送っていた可能性がある。しかし、まともに食事を取るようになってからは体重こそ増えたものの、スレンダーな体型はそのまま18歳を迎えているので、幼児体型なのは生まれつきの可能性がある。
星を見ることで心の支えにしていたという読者の同情を誘うような日々を送っていたが、やがて星に関する知識も得ようとする。
好きな星はウミヘビ座の二等星「アルファルド」で、アラビア語で孤独なものを意味する。勘違いの無いように言っておくが一応この子に友達はいます。
最近はセミロング風に髪を伸ばし、良く笑うようになった。正直可愛い。
葵千広(あおい ちひろ)
声 - 近藤隆
被害者その2。突然サクヤの誕生日に現れた謎の転校生。サクヤのことを初登場時は誉めたのに再開時は彼女を拒絶するなど心変わりの激しい人物。
正体は奏さんの友達だったり、サクヤの恋人という疑惑があったがどちらでもなかった。実際は本人曰く、遠い親戚だったり、生き別れた兄妹だったり、時空を超えてきた恋人だったり、幽霊だったり魔法使いだったり宇宙人だったり、星の使いだったりする人物である。それじゃあ読者がわけが分からなくなるので、最終的に後述の優里によって宇宙人ということが決定したのである。
実際は(当たり前だが)紛れもない人間だが、人間でいるより宇宙人といわれる方が遥かに面白いという読者の同情を誘うような思考を持っている。
本条聖(ほんじょう ひじり)
声 - 小清水亜美
通称「せーちゃん」でサクヤの親友。ホカン部部員。
サクヤのことをこの上ないぐらい可愛がっており、彼女に仇名すものはすぐさま抹殺する。地主の娘なので、場合によっては相手の家ごと破壊することが可能なため、本作で最も敵に回したら恐ろしい人物であるといえる。でもこの子がいなかったら今頃サクヤは絶望のどん底に堕ちていったことは間違いなしである。
優里に対し毒舌な態度で接しているが、最終的には何だかんだいってくっついたりうわなにをするやめr粛清されました
村上優里(むらかみ ゆうり)
声 - 寺島拓篤
被害者その3(笑)。ホカン部部員。第一話でいきなり嘔吐しそうになったという、少女漫画では危ない展開を持ちこんだ少年(ただし原因は聖が彼を殴ったからである)。
背が低いことがコンプレックスで、サクヤのことを上から目線で物事を言ったために聖にぴーされかかったことがある。からくも家ごと消されずには済んだが、以降は聖によって読者の同情を誘うような(笑)嫌がらせを受け続けている。
サクヤに恋をするが、過去にサクヤを幽霊呼ばわりして蔑んでいたことを忘れてはならない。本人はそのことを後悔してもいるので、心変わりした優里は本気の想いをサクヤに告白する。だが、見事に玉砕し、聖に無様と大爆笑された。え、そこを強調しちゃいけない? 確かに玉砕して本当に可哀想だが、聖の素敵すぎる嘲笑のせいで読者まで爆笑の渦に巻き込まれてしまったのである。
久谷静(くたに しずか)
ホカン部顧問で、サクヤ達のクラスの担任教師。視力が悪いがコンタクトレンズが帰らぬ存在(踏み潰した)となり、眼鏡が旅に出てもう半年にもなってしまったらしい。

周りの人たち[編集]

宮古奏(みやこ かなで)
声 - 高橋広樹
被害者その4。色々とダメな青年だが、ほとんどは親のせいである。
読者の同情を誘うような引きこもりになっていたところを、サクヤとの同居を彼女の父親から依頼され、現在に至る。
サクヤも読者すらも驚くことに定職に就くという立派な青年となりました。
村上優人(むらかみ ゆうと)
優里の兄で、酒屋の店長。一度弟のせいで店が潰れかかったことがある。常に笑顔だが鉄拳を飛ばすことも出来る色んな意味で凄い青年である。
沙己(さき)
声 - 鈴木達央
被害者その5。何があったのか知らないが雨に濡れた子猫のようにゴミ捨て場に捨てられていたところを聖に拾われた青年。以後、彼女のお目付け役となる。
葵悠一(あおい ゆういち)
千広の母親の弟、要するに叔父。千広を自分の家に居候させている、本作で数少ないまともな家族関係を築ける大人の人物である。
天宮桜(あまみや さくら)
被害者その6。学校でのいじめや父親の虐待を受けてた子で、千広と知り合うことで少しずつ明るい子になって行く。しかし、彼が一生懸命励ましたにも関わらず、桜の木のもとで首吊り自殺を図る。一命は取り留めたが、長い間昏睡状態に陥ってしまった。首吊りでそこまで昏睡するかは不明だが、連載が始まってから2年半でようやく目覚めた。今後の展開が気になるところである。

関連項目[編集]

少女漫画なのにろくな関連項目がない。

CCSakura under moonlight.jpg はにゃーん。この記事 「 星は歌う 」は書きかけだよぅ。
でも頑張って書けばなんとかなるよ、絶対、大丈夫だよ。 (Portal:スタブ)