張皇后 (星彩)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
張皇后(星彩)の凜とした雄姿。
「ホントーに感謝してますYO!!」
星彩 について、蜀漢後主
「ウソつけ!!口ばっかしだな。」
テキトーなダメ父帝の発言 について、北地王劉㻣
左下が張皇后(星彩)、右上が阿呆(劉禅)、左上が諸葛亮、右下が司馬仲達

張皇后 または 星彩(ちゃんこうごう または ほし あや、生没年不詳)は、蜀漢の豪傑将軍・張飛の次女である。星彩は名で、尊称は張皇后。兄に張苞張紹。甥は張遵。姉は敬哀皇后。後主劉禅の二番目の皇后。一説に、劉禅の五男である北地王・劉㻣生母といわれる。孫盛の『蜀世譜』によると、旦那の諡号が懐帝なので「孝懐皇后」と呼ばれることもある。

父譲りの?絶世の美女で、丸出しの谷間と太股で大陸中のM男に求婚された。 毎日屋敷の前にたかる男達を父と交代で追い払う日々を送った。

彼女は戦場ではつねに劉備の嗣子劉封関平関羽の庶長子)と行動を共にし、当の本人達は呂布に立ち向かうことは無いが見つかっても生き延びられる程度の強さを持っているのでもっぱら貴重なデートであるとされている。

ある説では、日本の女傑お江与は彼女が転生した人物だといわれる(旦那同様に)。

特徴[編集]

大酒豪としても知られる父だが、酒に対する強さは父の比ではなく、彼女が酔っている姿を見たものはいない。一説によると星彩は本当にアルコールを養分として摂取していて一切酔うことは無いともされている。

また、ふだんは感情の起伏が全く激しくない。そのため怒っているのか喜んでいるのかもわからない。しかし、些細なことでいったん激怒すると愛しの?関平はもちろん、劉封も彼女に手に負えないのであった。星彩はダメ旦那の劉禅に矛先を向けてフルボッコにして、八つ裂きにしてストレスを解消しているらしい。

しかし、正常なときは常に愛し?の関平の後ろを金魚のフンのようにくっついて歩き、関平の言うことにだけは絶対に聴き、まったく反対しないことから関平との関係が怪しまれる(関平の弟関興にいたっては不明である)。また、劉封からのラブコールはいっさいスルーしているらしい。

呂布が大陸から姿を消した後は星彩に立ち向かってはならないという言葉が大陸を賑わせた。

星彩に立ち向かってはならない[編集]

長坂の戦いでは趙雲阿呆(劉禅)を救出するも、途中で趙雲が「あれ? なんだっけ?」となにかを忘れてしまったために、星彩が引き継いだという。この時、魏の五将軍とも知らずに張遼を一本背負いで投げ飛ばし、徐晃を力比べで圧倒し、李典樂進のコンビを一瞬で吹き飛ばし、張郃マイケルジャクソン張郃とは別人)をも寄せ付けずに戦場を駆け抜けた。さらに橋に差し掛かった時に「東条会四代目桐生一馬だ!」というモノマネをしたところ、曹操軍十万が一斉に心臓発作を起こし、馬は狂ったとか。

蜀漢の征伐にも従軍し、本隊が蜀の入り口で敵の迎撃軍と戦っている間に、単独で成都城まで続けざまに陥落させた。色仕掛けを使って入り口で苦戦中の本体の3倍もの兵を引き連れて迎えにきたという逸話がある。

五丈原の戦いでは有名な武将がほとんど死んでいたため呂布的な存在として君臨し、後世では実は呂布だったのではないかと言われている。

のちに劉禅の正妻となり、その時に「これが私の最初で最後のダジャレよ」という言葉を残した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「星彩」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「張皇后」の項目を執筆しています。
Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
この星彩は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)