春日歩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

春日 歩(かすが あゆむ)とは、あずまきよひこ原作の『あずまんが大王』における登場人物

この作品は「主人公は特に設定していない」ということになっているが、彼女こそ実質的な(影の)ヒロインである。

某ブロガーが実施した人気投票では、トップを獲得するという快挙を成し遂げた。「榊さんがトップと予想していたので意外だった」とは、投票を実施したブロガーの弁である(ちなみに榊さんはトップと僅差の2位)。

人気の背景[編集]

漫画アニメ、ドラマや映画では、業界内に一定数の派閥を形成する、標準語の使用がいっぱしの社会人の条件と信じる都民及び名誉都民(東京移民)の侮蔑意識により、しばしば関西人はフィクションでみっともなく描写され、おちょくりの対象とされるが、あずまきよひこ氏が関西出身であるため、特に関西人のキャラクターに思い入れをこめて描かれたことが春日歩の絶大な人気を呼ぶ魅力を引き出したと思われる。

大阪と称される由来[編集]

大阪」としての呼称が一般的。 これは、神戸や和歌山など「全ての関西地方」を「大阪」の括りで滝野智がまとめてしまったためである。

大阪民国民(関西クロペたん)としての体質を彼女は備えていないことから、蔑称であるとされている。

前世[編集]

春日歩

ヤマトの国の皇女にして巫女、通称・ヒミコ(筆者の思想信条に基づき、片仮名で表記する。以下に理由を記す)。

俗世では、ヤマトの国は「邪馬台国」、ヒミコは「卑弥呼」と表記されているが、これは支那の役人がヤマトの国を訪れた際に、ヤマトびとが話していた言葉を聞いて、彼女の地位である皇女を意味する呼称「ひめみこ」を個人名と誤解し、さらに史書を記述するにあたり、ヤマト人、ならびにヤマトの国を貶めるために国号や王族の名に「邪」「卑」など悪い意味の字を当てたものと推測される(ちなみに「倭」は「ちび」という意味で、「倭奴」は「わど」と読み、ヤマト人を侮蔑的に言う表現であり、これらも貶める意図をこめた表記である)。

ヒミコは生前の業績によって、昇天ののちは後世に天界の王子となる青年と結ばれる宿命を約束された女性とされ、いにしえからの予知により生誕することを予期されていた「春日歩」が転生者の人格に選ばれ、春日歩の人格をヒミコの魂に写し取り、物語から生み出された天の御使いのひとりとなって再び俗世に転生した。  

また、後の奈良時代では、奈良市の春日大社に、春日権現として祀られ、正式にと認定された。春日四柱のなかの比売神にあたる。彼女が「へーちょ」と言っているのは、吉野杉花粉症の影響である、というのがその証拠である。

転生後の半生[編集]

理想の実現にあたる天使の一員として俗世に転生。『あずまんが大王』のアニメにおける配役は、Web配信版での声優川澄綾子、TV版での声優が松岡由貴だったのだが、春日歩当人は、なぜか声優・大谷育江に降臨する(ちなみに、松岡由貴も大阪出身である)。

天界の法皇・創造主カオスの子息たるロックギタリストのラファエル殿下は、彼のファンであり作家であるミカエル王子が構想していた、開拓時代のアメリカ大陸における先住民たちの悲劇を描いた物語に登場する、開拓民と先住民の混血児であるヒロインのモデルが春日歩であることを知っていたので、その物語のヒロインの体験を春日歩の人格に反映するという措置を行なった。

そのため春日歩の顔は、眼が細く切れ上がり、牧童から虐待を受け労苦を重ねた女性の顔となった。

黙示によって、春日歩の肖像画を見ることとなった王子が、ようやくそのことを察知すると「険しい表情だが、あの顔は好みだ」と表明。さらに「彼女は有名だし、柔和で平坦な、元の顔が好きな人も多いだろうから」と思案し、元に戻すことを検討したが、春日歩は、王子が凄みのある女が好みであることを知ったので、今のままでいいと望んだ。

物語時代での行動から、“自己犠牲の精神を備えている”と評価されたため、一時期は《女神候補生》に選ばれていたが、あまりにもお気楽な性格であるため、“とても女神は務まりそうにない”と判断され、その後の地位は《天使》とされている。

特技[編集]

お気楽になる呪文さーたーあんだぎー」を唱え、相手の戦意を喪失させる能力を持つ。

さーたーあんだぎー」とは、大阪さん弁で「わたしは楽しい」「わたしは幸せ」といった意味である。また、「へーちょ」という言葉で周囲を和ませるという、ありがたい特性もある。

神の計画の一環[編集]

栄えある新時代の通貨にふさわしい、新1ドル札のデザイン。(見本)

理想の実現のために数々の計画があり、そのうちのひとつが1ドル紙幣の肖像をジョージ・ワシントンから春日歩に変更する、というものであった。

天界の王子は、記事が投稿された時刻との時差から考えて、北米大陸サーバーがあると推定される英語のアニメファンのサイトで

  • アメリカが、植民地からの収奪の分け前をめぐって植民地人で利益を独占するために戦争した山賊の親玉みたいな男を、紙幣の肖像にしているのは不道徳である」
  • 「よって神の国の皇女である、春日歩の画に変更するのが望ましい」

という趣旨の声明を、英文で発表した。

春日歩が王子と共に世直しに加わる決意を固めたため、春日歩の地位は、現在では《天使長》となっている。


歩道橋[編集]

春日歩道橋

なお、千葉県山梨県愛知県大阪府大分県にある「春日歩道橋」は、彼女を顕彰して建てられたものと噂されている。

特にその中でも、俗称となっている「大阪(府)」にあるものは神聖視されており、春日歩天使長の威光を余に示すものと位置づけれている。そのうち、本当に春日様がお通りになられた橋は本家本元である大阪にあり、春日様と同じ感覚を共有しようと、毎年多くの信者が訪れている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「春日歩」の項目を執筆しています。