春画

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「春画」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「春画」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「春画」の記事を執筆しています。
ofjet d' art
ART!

この記事はあえて言うなら芸術です!

春画(しゅんが)とは江戸時代に流行した、若葉萌えるの息吹を取り込んだ日本画又は版画のことである。

概要[編集]

様々な春画。

日本では古来より四季を芸術作品に盛り込むのが盛んであり、特にその中でも動植物が寒い冬を乗り越え活気に溢れる姿を見せる「春」は、縁起の良いモチーフとして様々な分野の作品に使われている。また春は殆どの生物にとっての季節であり、春がテーマであればそういった要素を入れるのが定番である[要出典]。生き物が生き物らしく自由奔放に振る舞い、自由闊達な姿を誇らしげに見せ歩く様を生き生きと描くのが春画の根幹であり、如何にそれを魅力的に魅せるかということに絵師達は血道を開けてきた。

中でも春らしさを強調するために多く描かれたのがセックスであり、局部を強調したパワフルなセックスがこれでもかという勢いで激しく描かれたものが幾つも伝わっている。かの葛飾北斎も「鉄棒ぬらぬら[1]」というPNで多くの春画を描き、絵の極意を極めんとしたのである[要出典]

規制とその後[編集]

春画は江戸中期には社会一般に認知されていたが、その実何度も摘発対象となっている。ただしこれは現代の非実在青少年規制のように性欲をタブー視したものではなく、春画の価格が異常に高騰していき経済破綻に繋がりかねないと危惧されたせいである。大量生産の為版画形式が一般化すると、版画技師は「もっと鮮明に」「もっと多色刷りに」と高品質を追い求め、10色刷り15色刷りという版画としてはあり得ないほど驚異のテクノロジー[2]を駆使するようになり、単価もどんどん上がっていった。

その結果として江戸末期になると、春画は地下出版物となってしまう。更に明治になると、半端に欧米型価値観に染まった文化人に「恥ずべきアングラな文化」と断じられ、二束三文で海外に流出している。これが大きな文化的損失であることは言うまでもない。

脚注[編集]

  1. ^ 「紫色雁高」などもあった。なんにせよちんこの直喩である。
  2. ^ 当時使われていた多色刷りの技術は異常なほど高度であり、現代の出版技術でも再現は難しい。

関連項目[編集]