春闘

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「春闘」の項目を執筆しています。

春闘(しゅんとう)とは毎年春に起きる戦いのことである。社長を倒して給料を上げることを目論むあまりに、企業が倒産するケースが後を絶たずに、政府は社長などに「従業員からの指令には従うように」との命令を出しているが、いまだに目上気分の抜けきらない社長が居り、現在でも非常に多くの戦いが起きている。

概要[編集]

毎年1月から3月の年度末にかけ、連合が率いる労働組合が、経団連率いる会社上部組織に対し給料のアップや経営改善を目論んで社長の辞任を求める(基本的に労組は社長の退陣を求めることは極めて少ない)。上部組織はそれを了承することが多いのだが稀に全面的に拒否することがある。そうなった場合は自社内はおろか他社からも集中砲火を浴びることとなる(後述)。

時期としては最初に自動車界など金属系が先陣を切ることが多い。自動車界の結果などはニュース番組などで報告され、ほかの業種も春闘を始める。春闘の結果で株価が左右されることも少なくなく、世界経済を担っているといっても過言ではない。

新年度が始まると給料に関しては静かになるが、10月ごろから再燃し、即座に経団連が給料アップはないことを明言するが、再び春闘が始まると手のひらを返すことがある。

日本における春闘[編集]

日本においての春闘は、主に6月ごろに起きることが多く、「夏闘」と呼ばれることが多い。2010年以後毎年、会社上部会議で社長に反発する勢力が不信任を提示し、採決が行われ、8月ごろに社長が退陣することが続いていた。2013年は起きなかった。

春闘で大問題を起こした事例[編集]

2011年アラブ[編集]

  • 2011年1月末~
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アラブの春」の項目を執筆しています。

アラブ社事態への影響は皆無であったが、子会社では30年以上給料のアップがなく、社長が居座り続ける企業は非常に多かった。その企業に対し連合が激昂し、ストライキを起こす。最初に起こしたのはチュニジアであり、ほかの子会社は「これじゃまるで冬闘じゃないか」と笑っていたがチュニジアの社長が追い詰められ、ついには亡命するのをきっかけにエジプトではムバラク社長が当局に逮捕、リビア社のカダフィ社長が銃殺されるなどし、連合は大金星を挙げた。

一連の騒動はアラブの春と呼ばれているが、社長が倒された企業のその後は足がもたついている。

2011年シリア[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シリア騒乱」の項目を執筆しています。
  • 2011年2月~

上記のアラブの春の一種であるが、3年たった2014年になっても解決の糸口は見つかっていない。ついにはかの大企業アメリカ社でさえも見放したが、経営側がサリンをまくなどし、地球上の全企業を統治する国連社が激怒し、EU社などが参加するNATOが武力に転じ、春闘史上最悪の出来事とされており、アラブの春の一種という考えよりも一つの内紛とする考えが主流である。

2013年タイ[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2013年タイ反政府デモ」の項目を執筆しています。
  • 2013年11月~

始まりは非常に速い春闘であったが、追放された前社長を迎え入れると経営が発表したことで労組が激怒し、年が明けた2014年には首都バンコクを封鎖するなど非常に大きな「デモ」となってしまう。経営側も凶行的な手段を取り労働者を殺すなどした。2月に経営陣を選ぶ選挙を行ったが労組は投票所を占拠するなどの大騒ぎとなり、2014年3月現在も収拾していない。

2014年ウクライナ[編集]

  • 2014年2月~

もともとの火の粉は2013年12月に起こるのだが目立ったものではなかった。しかし、経営がEU社からの資金援助を拒否、ロシア社から援助してもらうことを表明するとEU社に友好的だった労組が怒りこちらもデモとなる。ヤヌコビッチ社長はセックスをするために国外脱出を図りロシアに亡命、匿われた。ロシア社の会長であるプーチンが今度はウクライナに対し激昂し、社の精鋭を送り込み、一部を乗っ取るなどした。これに対しアメリカ社やEU社も行動を起こしたいところだが、先述のシリア情勢や、この時期を狙ったかの如く北朝鮮がミサイルを発射するなどし、行動を起こすに起こせなくなっており、開催中のソチパラリンピックへの参加者が増えかねない情勢にある。

関連項目[編集]


この項目「春闘」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)