時を止める方法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

時を止める方法とは中二病覗き魔の長年の夢である。

永遠の中二病患者ファウストはつい止めてしまったためメフィストフェレスに駅長室に連れて行かれそうになったが、たまたま通りかかった昔捨てた女に助けてもらった。

概要[編集]

時を止める、または操る方法としては、時空的に操る方法と人間及び動物の時間感覚をいじることで時間が操られてるように錯覚させる方法がある。 しかし、時空的に操るのは現在の科学技術では不可能だし、ましてや止めることに関しては相対性理論が絶対不可能だと説いている。

主な方法[編集]

しかしながら、方法はいくつか存在する。

その1
最も基本的でやり易いものとしては、素早く動くことである。そもそも、『時間が止まった世界の中を動く』ということは『世界の中を限りなく素早く動く』ということである。例えば、時が止まった世界でナイフを投げても時が動くまで空中で静止したり、ライターであぶっても時が動くまで燃えない(酸化反応が起こらない)のは、時を止めた主の動きが物体が動いたり、酸化反応が起こる速さよりも遥かに速い(限りなく速い)からである。
とはいえ、人間の身体能力には限界があるし、仮に限界がなくても物体は光より速く動けないので、せいぜいメイド・イン・ヘブンの真似ごとができる程度で時間を停止させることはできない。しかし、最初に述べたように最も手短な方法なのでここに書いておく。
その2
昼食及び昼休みの45分よりも仕事・授業中の45分のほうが遥かに長い…つまり、人間の時間感覚を操ることで時間を止める方法である。これは準備が多少必要だが、確実に時間を止めることができる。まず、自分にとってつまらないものや興味のそそらないものを周囲に並べ、テレビ、ラジオはつまらなさそうなバラエティ番組(テレビなら24時間テレビがお勧め)に常にかけておき、作業用BGMにお経や不愉快な曲を流すとよい。なお、作業BGMは優雅な曲(メヌエット等)を流すと時の流れをゆったりさせ、軽快な曲やノリノリの曲を流すと時の流れを早める効果がある。さらに、嫌な上司、教師、先輩がそばにいる環境ならなおさらよいが、長期的にその状態にしておくと胃潰瘍を起こしたりして体に変調をきたす恐れがあるので注意する。また、作業内容にもよるがなるべくパソコンや携帯を利用しないほうがよい。利用し過ぎるとあっという間に一日が終わってしまう。
その3(禁じ手)
麻薬覚醒剤といった薬物を利用する方法である。これなら最高に「ハイ!」の状態で好きな時に好きなだけ時間を止めることができる気分になれる。しかし、この方法は時が動きだした瞬間に禁断症状になったり、体が痺れや痙攣を起こして「う…動けんッ!ば…ばかな」、「体が動かん!?」となったところに警察が来て「薬物の副作用の時間だぜ 動けるのはそこまでのようだな」、「やれやれだぜ…」とか言われて刑務所に送られたりするのでこの方法はお勧めできない…と言うかダメ。ゼッタイ。
その4(裏技)

あなたの検閲により削除に、検閲により削除する。

これで、あなたの時間は永遠に止まるでしょう。

結論[編集]

なるべく素早く行動し、周囲を雑貨店のようにつまらないもので埋め尽くし、パソコン・携帯類をなるべく利用しないのがよいようである。

関連項目[編集]