時短

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
時間短縮から転送)
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、労働時間管理方法の時短について記述しています。頭突きについてはジダンをご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「時短」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「精神と時の部屋」の項目を執筆しています。

時短(じたん)とは、労働時間を適正化して労働者に十分な休みをとらせることを目的として行われる対策である。

時短の必要性[編集]

もともと、日本では各種規制から、正社員をひとり増やすためのコストが、正社員に莫大な割増賃金を払って時間外労働時間>定時労働時間の状態になっても見合うほど高価であることから、長時間労働が横行し社会不安と家庭崩壊の原因となっていた。

長時間労働は労働者の自己責任という美しい国政策のもとで、なるべく効率よく働いてもらい定時に帰れるよう努力することと残業時間を帳簿上ゼロにすることが求められ、労働法規の改正も行われる予定であった。

しかし、大人の事情でこれらの美しい政策は却下された。

また、長時間の美しい無償奉仕労働を雇用関係維持の代償とする美しい政策によっても、週168時間以上の労働時間を確保することは不可能であり、抜本的な対策が求められていた。

技術的な革新によって、労働者が定時に確実に帰宅できるようになり、休日産業の振興がはかられ、主にシニア好みのレジャー施設を中心に高い経済効果が得られている。

原理[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「時間凍結」の項目を執筆しています。

事業所全体、もしくは社長室以外の社屋全てを粛清されましたにより、常時光速を超えるスピードで運動させることにより、必要な労働時間と実時間との差を解消し、定時に作業が終了するよう時間調整を行う。

この結果、定時には労働者が帰宅できるようになる。

事業所によっては、デスマーチの際に、ワープ10にまで加速できる設備をもつ事業所もあり、光速を超えれば超えるほど作業効率が上がるため、より一層のスピードアップを目指した改良が続けられている。

技術的課題[編集]

会社が光速に近づく際、すなわち遷光速領域では、時間の流れが逆に周囲より速くなるため、会社全体の運動を安易に停止できない。

またオフィス街では超光速で運動する事業所同士の衝突事故がたびたび起こり、幹部社員以外が全員死亡する大惨事となることも珍しくない。

外勤社員については労働時間の加速がほぼ不可能に近い。

テレホンアポインターなど、直接顧客と顔をあわせない職種についても、因果律のため超光速通信が困難なことから適応が難しい。

風俗産業の場合も、詐欺写真との不当なクレームが多いとされるが、その原因はお察し下さい

なお、重力場を社屋にかけても同様の結果が得られるが、それを実行した会社が潰れたあと、再挑戦した者はいない。ROの運営会社が同様の方法でサポートの遅延を改善しようと計画している模様である。

健康被害[編集]

近年、時短を採用した事業所では、傷病者の発生が全般的に数倍から数千倍も高いことが判明し、対策が求められている。

時短を採用した職場では、カゼなどにより大量の早退者を出し、想定どおりの仕事量を確保することができず、やむなく人員増員に踏み切ったところも多い。

また、異常な早期老化や痴呆をきたすとの一部報道もあり、改善策が求められている。ある事業所で、日雇い派遣で、朝社内に入っていく者は全員若い20-30代で、夕方社外に出てくる者は、服装は今風なものの大部分が50-60歳代であり、大量の失踪者が出ていた可能性があると赤旗など一部のマスコミでは報道された。

一方で、時短が広まってからは、肥満は劇的に減少しており、早期老化などの問題はあるにせよ、健康上は時短の推進が望ましいと考えられる。一時期問題となった、栄養失調による死亡事故は、近年ではほとんどみられない。

関連項目[編集]