時間貯蓄銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
時間貯蓄銀行のデータ
英名 The Timesaving Bank
代表者氏名 頭取:Michael Ende
店舗数 日本国内:12店
日本国外:262店
従業員数 148,925人
資本金 2546.3万時間
総資産 3943.9万時間
設立日 1820年2月1日

時間貯蓄銀行(じかんちょちくぎんこう、英称:The Timesaving Bank)とは、ドイツガルミッシュに本店を置く銀行のことである。1820年創業という、200年近い歴史を持つ。一般的な銀行とは違い、金銭では無く時間商品として取り扱っているという点にその特徴がある。現在では世界各地に支店を置いており、多くの外務員を用いた積極的な営業活動によって急成長している。日本では東京都に最大の支店があり、顧客も都心部の人間がほとんどである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「時間貯蓄銀行」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

創業者はミヒャエル・エンデなる謎の人物である。 産業革命により変化する社会情勢の中で時間という商品に目をつけたとされる。 当初はドイツ国内にしかなかったが、現在では世界各国に支店を出すに至る。 一般の銀行が金融商品を扱うのに対し、時間貯蓄銀行では時間を貯蓄するという隙間産業的な商品を扱う、ニッチトップ企業である。なお時間商品の特許はその大半が時間貯蓄銀行が持っている。 そのため特許使用料による収入もある。

一時期は不当な勧誘により顧客から半強制的に時間を集めていたとし、業務改善命令を出されたこともある。その際、マイスター・ホラモモなる人物によって、その貯蓄の大半が奪われるという被害にあっている。だが預金者保護機構の援助を受け、現在も経営を続けている。

行風[編集]

非常に厳格な行風を持ち、行員は全員統一のグレースーツの着用が義務付けられている。 基本的には外務員による営業を主な活動としている。そのため店舗に顧客が来ることは稀であり、顧客は必要な時には連絡をし、外務員が自宅まで訪ねて来て取引を行うという、顧客本位のサービスをしている。

しかし、仕事ストレスからか全員が例外無く葉巻を吸っているため、行内は非常に煙いといわれる。 しかし金庫室にはいっぱいにを飾るなど、オシャレな一面も持ち合わせている。

商品[編集]

通常預時間
一般的な預時間。一日当たり特定の時間を預かり、それに利子が付けられる。1分から預時間可能であるが、大概は1時間単位で預けることが多い。
定期預時間
据置期間が半年単位で最長90年まで設定されており、その期間下ろせなくなる。特に顧客からの申し出が無い限り、自動的に最長期間で預かることとなっている。

沿革[編集]

  • 1820年 - ドイツのガルミッシュにて創業開始。
  • 1933年 - 全国展開を開始する。
  • 1971年 - ある少女告発によって不正な営業活動が明るみになり、社会問題となる。
  • 1972年 - 業務改善命令が出される。
  • 1973年 - 有名なモモ時間泥棒事件が起こる。

関連会社[編集]

エンデ託児所
時間貯蓄をすすめるために同行が運営している託児所であり、ここで子供を預かることによって親に余時間を作り出す。

モモ時間泥棒事件[編集]

同行が被害にあった、世界最大規模の泥棒事件である。 1973年、同行が業務改善命令によって混乱している際、マイスター・ホラなる人物の名前犯行声明が出され、モモと名乗る実行犯とカシオペイアという謎の人物(一説ではとされている)によって同行の金庫室にあった時間の大半が奪われ、甚大な被害をこうむったという事件である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連[編集]


この「時間貯蓄銀行」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png