月光浴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

月光浴(げっこうよく、Moonbathing)とは、健康法の一つである。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日光浴」の項目を執筆しています。

昔から日光浴はその効用ばかりが過剰に謳われており、その弊害(紫外線、放射線、宇宙電波その他)についてはあまり触れられておらず、また、肌の弱い人にいたっては効用よりも副作用の方が強く出てしまうため、健康法でありながら健康な人しか実践できないことが問題となっていた。それを解決する方法として、強烈な太陽光線を一度、に反射させることによって放射線を除去し、紫外線や放射線を弱めることでその効用を抽出する健康法「月光浴」が百鬼園先生こと内田百閒によって提唱されたのであった。

影響[編集]

今夜もいい月である。

かくして最初でこそ奇人扱いされた(そもそも提唱者自体が、お察し下さい)月光浴であるが、いざやってみると効果効能についてはよくわからない(そもそも日光浴自体が、以下同文)ものの、どことなく風流であるし日焼けで肌がヒリヒリすることもなく、何より暑くないため、どうせ効果効能に違いがわからないなら、と次々に真似てみる者が現われ、月光浴はめでたく市民権を得たのであった。中には二匹目の泥鰌を狙ってか「星光浴」を行なう者までいたが、こちらは太陽光線の反射ではなく星自身の光であるため、その効果効能については疑わしいものとなっている。

参考文献[編集]

  • 内田百閒『百鬼園先生言行録』福武文庫、1990年

関連項目[編集]