有元秀文

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

有元 秀文(ゆうげん しゅうぶん、ありもと ひでふみ)は教育学者、日本ブッククラブ協会理事長、詩人、Wikipedia自演の神である。

注釈: 「ブッククラブ」の呼称については諸説あり、ブックラブブックラブラブ、または単に読書と表記されることもあるが、が好きだという点でどれも正解である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「有元秀文」の項目を執筆しています。

激動の半生[編集]

1949年、東京に生まれる。 間もなく父親の転勤により、山口県岩国市に引越しをする。 このとき、岩国基地から飛来したオスプレイの攻撃を受けて死亡。 通夜、葬式火葬、その他もろもろのステップによる、懸命の成仏祈願が行われるも実らず、3日目に復活。 この貴重な体験が基になり、詩人としての作品スタイルが確立されていく。

人物[編集]

自分に甘く、他人に厳しい。を愛するその姿から、幕末の志士・高杉晋作に例えられることもある。 時代を変えるのはいつだって長州人なのだ。

出来ることならばベジタリアンになりたいと思っている、優しい性格の持ち主。 豚・牛・鶏肉は極力控え、魚肉ソーセージやツナ缶を使い自炊を行う。 なに?「シーチキン」だと?このネトウヨ

男の手料理をテーマに、料理の写真をSNSにアップするも、盛り付けと撮影が絶望的に下手なため、検閲により削除と見間違われることもある。 食べた本人が死なないので衛生的には問題がないのだろう。

迫真のフォトジェニック


ファッションブリーダーとしても異彩を放っており、「自撮り」「インスタ映え」「漏れるアプリ」といったフレーズを流行させたのも彼である。

「阿部、(小林)誠司が捕手で頑張っている」という友人の話を「安倍政治が保守で頑張っている」と聞き間違えたことが原因で読売ジャイアンツと野球が大嫌いになる。 ジャイカス見てる〜ゥ?ざまねぇな

超理論[編集]

ある事象を真であると証明出来ない場合、その事象は偽である。という論法の使い手。 これは世界最強レベルの論理武装である。 プラトンソクラテスも真っ青の論理破壊、略して論破だ。 「攻撃は最大の防御」という言葉の意味がおわかりいただけただろうか。

ブッククラブ[編集]

もともと海外ではごく一般的に行われていたアクティビティであるが、これを初めて日本で普及させたのが、この有元 秀文氏である。 本を持ち寄り、皆で読み合い、議論するという行為一般のこと。 題材は漫画でも小説でもよい。 文字が書いてさえあれば何でもいいらしい。 もしかするとエロ本でもいいかもしれない。「オーケイ、今日はこれを読んでアクメについて考えてみよう!」

自演記事の神[編集]

2010年ごろから、日本語版Wikipediaに自らの記事を投稿。その後、一発奮起し英語版Wikipediaへの投稿を敢行。 複数回チャレンジするも、記事が承認されることはなかった。当たり前なんだよなぁ…。

そんなことより、この記事も自演記事なのかもしれない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]