有川浩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

有川浩(ありかわひろ)は、透明なカメラ

概要[編集]

透明度100%の超高性能カメラである。非公開ながら日本自衛隊が保持している可能性が高いと推測される。詳細は不明であるが、人間には到底行くことが出来ない所での活動も見られるため無人・移動型であると言われている。上は空、下は深海、アーンな所から検閲により削除な所、平行世界と、人知に及ばぬ広範囲を行き来することができる。また、有川浩のレンズ越しに見れば人間の心の内などを垣間見ることも可能。特に恋愛事情(笑)は敏感にキャッチする。これは四次元を超える空間を移動することが出来るからだと考えられている。ただ、このカメラを用いると「プライベート」などという言葉は意味をなさないため、これで人を撮ることはもはや犯罪とも言えるレベルである。撮影された内容は世間に報告される際、そのままメディア化されることは少なく、一度活字化されるのは撮影内容があまりにも色々な意味で生々しすぎて放送できないため。読者の想像に任せると言うなんとも無責任な方法を用いている。

尚、このカメラは自衛隊内部などは映すが、敵対勢力には配備されてない為、なぜ敵が攻撃してくるのかといった点は全然解らないという欠点も常に抱えている。

その外観についてはゲゲゲの鬼太郎に似ているとの説があり、下記文献の他に事もあろうにクジラを彼氏にしたというシーシェパードもビックリの出来事や、若者を苛め(自分の)正義を遂げる三人組の男性に肩入れした文献も残しており、自分の対象の正義以外に無関心なのではないかといわれている。

過去に有川浩によって撮影された場所[編集]

塩の街
突如東京湾他に落下した「」の塊により大混乱に陥った世界(主に日本)を撮影。これが公に発表された有川浩の最初の記録である。撮影途中に発見した元航空自衛隊員と少女に同行した。
空の中

200X年に空域高度2万メートルでの「遭遇」を撮影。偶然にも高知能飛行生物を確認し、人類との交流の一部始終を収めることに成功。読者のニーズに応えてヒロインのツンデレを大量に収集した。

海の底
横須賀米軍基地での桜祭りを特集していた途中で海から巨大生物が来襲。ヒトエビに食い殺される様子を撮影した。警察内部の対応など国家機密になり得る情報も堂々とカメラに収めている。海上自衛隊潜水艦内の様子も撮影。同時刻に異なる2ヶ所に存在するという高性能にものを言わせた荒業を披露した。
図書館戦争
メディア良化法に対抗するため武装化した図書館を撮影。初の女性タスクフォースという話題性抜群の素材を見つけ、後を追う。初の複数部発行で、気付けば6冊に及ぶ長編記録となった。発行した文章が良化委員会による検閲により取り締まられる前にさっさと退散したと言う。
阪急電車
兵庫県宝塚市阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅を経て阪急今津駅までを結ぶ阪急今津線[1]をひたすら撮影し続けて人々の関わり合いを収める。良い人材を見つけると十分なエピソードが得られるまで尾行。各人の悩みが全て全国区に流出した。
成南電気工科大学
成南電気工科大学機械制御研究部の数々の伝説を撮影。幾度となく爆破に巻き込まれ、危うく破壊され掛けたことも。
レインツリーの国
父に忘れられたことがある彼と途中型難聴者の彼女を撮影。ここでも同時刻に異なる2ヶ所に存在するという荒業を披露。二人の悩みがやはり全国区に流出した。
フリーターが買った家
会社を勝手に辞めた人が新たに働くのを撮影。父が酒に弱いことや母が鬱になったなど、恥ずかしい所も撮影した。
河川敷など
野に咲く草花を撮影中、一組の男女に遭遇。女性が男性を拾ったと言う情報を仕入れ、追跡を開始する。内容はかなりあれ。記録には野草レシピも同封した。
防衛省航空幕僚監部総務部広報室
防衛省航空幕僚監部総務部広報室や帝都テレビ局を撮影。軍事情報はもちろん、犯罪に近いことをやっている所まで撮った。仙人や詐欺師がいるらしい。
高知県庁おもてなし課
高知県のPRも兼ね、敢えてお役所のグダグダ感を撮影。因みに有川浩は高知県産である。読者を無性に高知へ足を運びたくさせる特殊効果を発揮した。

注釈[編集]

  1. ^ wikiより。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「有川浩」の項目を執筆しています。
面白くなさすぎる.jpg 先生、有川浩の原稿まだですか。
もう、先生だったらこんなのあっという間に仕上がりますよ。全国の読者も先生の秀逸な記事を待ち望んでるんですから、先生もこたえなきゃ。
よろしくお願いしますよ。 (Portal:スタブ)