出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「被服」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「」の記事を執筆しています。

(ふく)とは、人類が最初に造り出した人工臓器である。

概要[編集]

下着によるセックスアピールの一例

服は主に人間の体表面を覆う形で使用されるもので、皮膚体毛の効果を補填する或いは代用する原初の人工臓器とされている[1][要出典]。体温調節の為夏期は薄く面積の少ない服が多く用いられるが、約半年ほどすると真逆の特性を持つ服を用いるのが一般的である。ただし一部の少年少年の心を忘れない大人は冬季もそのままの格好をする事がある。

服の役割は大別して三つ。まずは上記の体温調節、そして身体防衛。最後にセックスアピールである。ただし防衛の場合は布ではなく金属を多く使い「」と呼ばれ服扱いはされないことが多い。鎧の下にも服は着るが、これは衝撃吸収の為であり人体における贅肉の役割である。

セックスアピールにおいては、謂わば「包装紙」の役割を与えられる事が多い。しかし究極的にはありのままの姿が一番扇情的であるためその効力はあまり強くない[2]。機能性に関しては、体温調節こそが服の本領と言えるだろう。

歴史[編集]

儀礼用の服を着た例。

服の始まりは原始時代、原初の人類であるイブが体毛の少ない自分の裸体を恥じて獣の皮を巻いた事に由来すると言われている。類人猿に比べて人類は体毛が少なく、美観だけでなく機能性も補おうとして様々な物を身体に巻き付けるようになった。またを首に巻いたりもしたが、首がチクチクするだけなのですぐに廃れてしまった。

その後人類は獣の皮を巻き続けたが、ある時獣の皮は長期間巻き付けていると酷く臭うことに気づいてしまった。臭いの少ない材料を求めて人類は植物の皮や繊維を編むようになり、長い開発の果てに無味無臭の合成繊維を作り出すことに成功した。現在世界的に合成繊維の服が広く流布しているが、空調の進歩により「臭いだけでなく重さのない服」即ちネイキッドスタイルの時代が来るものと予測される。

また文明の発展により、立場や役職により異なる服を着る習慣が生まれていった。社会的地位が高いものほど凝った服装をするようになっていったり色合いによっての区分けも行われるようになり、儀礼用の専用衣服も産まれるなどそのバリエーションは非常に多岐に渡るようになった。しかしその後平等思想の発展や人類文化の均一化によって、結局は基本となるネイキッドスタイルの時代が来るものと予測される

分類[編集]

服は主に三種類に分けられる。肌の上に直接着る「下着」、その上に着る「上着」、更にその上に着る「アウター(オーバー)」である。ただし一部には肌に直接アウターを着る層下着をフェイスマスクに用いる層もおり、その境目には個人差が大きい。

肌に近いものほど人工臓器として珍重され、他者への移植目的で売買される際には高額で取引される。また下着は食用に用いられる他性対象にもなり、その用途は極めて広い。下着収集家の成果が公開されることもあり、体育館いっぱいに並ぶ下着の壮観な様子がしばしばメディアに取り上げられている。


脚注[編集]

  1. ^ ちなみに二番目は入れ歯とされている。人工臓器といっても内臓とは限らないのである。
  2. ^ いわゆる勝負下着は、大体の場合本人のモチベーションアップ以上の効果はない。だって即剥がされるし。見やしねぇし。

関連項目[編集]