朝赤龍太郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「朝赤龍がやられたようだな・・・」
朝赤龍太郎 について、昼赤龍
「ククク…奴は四赤龍の中でも最弱…」
朝赤龍太郎 について、夕赤龍
「玉飛鳥に負けるとは四赤龍の面汚しよ…」
朝赤龍太郎 について、夜赤龍

朝赤龍太郎(あさせきりゅうたろう、Morning red Dragon、1981年8月7日 - )はモンゴル国出身の相撲レスラーである。常に「自分は朝青龍だ」とも聞こえかねない発言をしていて、朝青龍の遠い親戚や異父兄弟など、また詐欺師の可能性がある。朝青龍が休場の場所に不調だったりする。

来歴[編集]

蒙古相撲のナチンという地位についた男の次男で、子供の頃は馬の調教をしていた。朝青龍にモンゴル時代に弟子入りし、一緒に来日して、同じ高校の相撲部に所属した。2000年1月に師匠と同じ部屋に入門し、「朝赤龍」という四股名をもらったため、このころから稀に「ウソつき」と呼ばれる。なお、昔は大日本帝国出身の朝道龍なる人物がいたが、2009年3月場所にこのページで詐欺師とうたわれていることを知って、あわてて朝縄という四股名に改名し、潔白を証明しようという、無駄な抵抗をはじめた。 朝青龍新横綱場所に入幕して、師匠の横綱を間近に見ながら相撲を取り続ける。朝青龍土俵入りには弟子として、違う部屋の白鵬もどきロボットと一緒に土俵入りに加わる。 2007年11月14日、この場所は朝青龍サッカー転向直後(結局帰参)のため弟子1人日本に居た。そのため玉光に「朝青龍」と呼ばれてしまった。

 師匠との違い[編集]

  •  師匠とは違って無名である。
  •  師匠とは違って独身である。
  •  師匠とは違って相撲一筋である。
  •  師匠とは違って現在反則技である「殴る・蹴る・突く」はあんまりしないかも。

師匠が見てないと弱かったりする[編集]

朝青龍不振場所(9勝以下) 朝赤龍不調場所(5勝以下) 朝赤龍好調場所(10勝以上)
2003年7月 2003年7月
2003年11月
2004年5月
2004年7月
2004年9月 2004年9月
2006年1月
2006年3月
2006年5月 2006年5月
2006年7月
2006年11月
2007年1月
2007年3月
2007年5月
2007年9月
2007年11月 2007年11月
2008年1月
2008年7月
2008年9月 2008年9月
2008年11月 2008年11月
2009年5月

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「朝赤龍太郎」の項目を執筆しています。