朝鮮半島の厳しい大自然

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

朝鮮半島の厳しい大自然 (ちょうせんはんとうのきびしいだいしぜん) とは、朝鮮半島出身者を火病・理不尽・没義道に引っ張り込み、の底から日本日本人を忌み嫌う朝鮮人』『韓国人たらしめている後天的環境的要因の総称である。

朝鮮半島の厳しい大自然は、

  1. 自然環境としての朝鮮半島の厳しい大自然
  2. 地政学上の朝鮮半島の厳しい大自然
  3. 文化・歴史的な面での朝鮮半島の厳しい大自然

に大別され、朝鮮半島の厳しい大自然を構成する様々な要因はこれら3つのカテゴリに分類される。

自然環境としての朝鮮半島の厳しい大自然[編集]

寒い

寒い。ともかく寒い。何せ韓国首都のソウルからして緯度は東北と同じぐらいの亜寒帯である上、暖流である黒潮を日本列島が遮っている。朝鮮八道のうち暖かい地域は半分程度であり、農業の発展に多大な影響を受ける上、あまりの寒さに人格も凍ってしまう。どうしても貧しくなってしまうのもうなづける話であろう。ただし一番暖かい済州島も内ゲバのおかげで一時期ひどく貧しい地域だったことは内緒である。

山がち

山が多い。ともかく山が多い。日本も山は多く、禿山が少なく保水力や森林資源が期待できるのだが、向こうの山はただただ人に厳しい禿山が多い。寒くて木の生ちが悪い。結果的に平地が少なくなり農業に適した土地は限られてしまうのである。山の少ない朝鮮半島南部でも近代、大地主の搾取が激しかった事は内緒、もしくは卑劣な日帝の仕業である。

火山が無い

太平洋プレート・フィリピン海プレートを日本列島が遮っているため、朝鮮半島は地質的に安定しており、火山や地震が無い。火山が無いので噴火の心配とは無縁であるが、そのため朝鮮半島出身者が大好きな温泉に入ることができない。同じ緯度にあるトウホグ東北)や北関東の一部、北海道は温泉入り放題であるがここでは温泉に入って身も心も暖める事すらできない。日本ではニホンザルですら温泉に入っているのにこれはあんまりである。

資源がほとんど無い

火山が無い事とも関係するが、天然資源として朝鮮半島にはおいしいレアメタルやダイヤモンド鉱山、豊富な油田はおろか、普通の資源もほとんど無い。徳川埋蔵金のような大金を埋めた夢、すなわち人為的な埋蔵資源も無い。あんな所に埋蔵金を埋めるような馬鹿者はせいぜい日本軍ぐらいのものである。なお隣の北朝鮮には鉱石や石炭等の資源が多く眠っているが、当然のように中国様に占拠されている

地政学上の朝鮮半島の厳しい大自然[編集]

四方を日本米国中国ソ連)に囲まれ、国家は分断されてしまいましたという意味の国旗
ランドパワーとシーパワーが衝突する激戦区

隣に強大な陸軍国である宗主国様とそこそこの海軍国である島国の小鬼にはさまれており、さまざまな面で大変厳しい地理条件である。おまけに太平洋に出るには日本がしっかり邪魔をしている。その上、この二国は「日本と中国はお互いが嫌いだがある一点では非常に意見が一致して仲良くなる。それは朝鮮人が死ぬほど嫌いだという点だ」というほど、この二国の人間に嫌われている。

共産主義国と資本主義国に挟まれた激戦区

さらに日本はエコノミックアニマル(資本主義陣営)、中国はアカの手先のドン百姓(共産主義陣営)である。背後にはアメリカ様とソ連様がついており、激しく火花を散らしている。ただしこの二国は第二次大戦で懲りたので国家総力戦はあまりしたくない。そこで朝鮮半島で代理戦争としてドンパチやるのである。結果的に朝鮮半島は真っ二つに分断されてしまい、ドンパチのおかげで一時期世界の最貧国まで落としてしまうのである。

なおこの二国も朝鮮人の事があまり好きではないみたい。

文化・歴史的な面での朝鮮半島の厳しい大自然[編集]

キムチ

朝鮮半島の名産品としてキムチがある。元は日本唐辛子を持ち込んだとかつまらない事は言ってはいけない。唐辛子を含む事が多いキムチは当然カプサイシンを豊富に含む。カプサイシンは体内で脳内麻薬といわれるアドレナリンの分泌を促し、結果的に火病状態に陥りやすくなり、朝鮮人の人間関係に齟齬を起こしやすくなってしまうのである。

なお最近まで日本のキムチなんか偽者ニダみたいな風潮だったが、「日本は食堂でお金を払わないとキムチが出てこない。韓国だとサービス。この辺の意識の差が寄生虫事件につながったのかもしれんね」と朝鮮日報(クオリティペーパー)に朝鮮半島らしくない冷静な意見をかかれた事があるので、キムチに関しては極めて冷静になれるのかもしれない。キムチに関しては。

儒教

朝鮮半島は儒教の影響を極めて強力に受けている珍しい地域である。中国では古くは焚書坑儒に始まり、最近では批林批孔運動で叩きのめした儒教であるが、滅ぼしても滅ぼして沸いてくる寄生虫として歴代暴君に弾圧されては生き延び、後に権力の中枢に帰り咲き文書で弾圧者をボロクソに書いては賄賂天国として国家を滅ぼす扱いをされているのである。日本では持ち前のいい加減さで儒教の影響をかなり払拭してしまっている。しかしながら朝鮮半島ではいまだに儒教天国である。結果的に儒教の縛りがきつくなってしまい、いろいろなデメリットを引き起こすのである。

全部日本のせいにしてしまう

一番大きな原因がこれ。

悪い事はすべて日本のせい、いいことはウリナラオリジナル。この思考回路のおかげで反省する機会が失われ、結果的に自分達の発展を阻害してしまうのである。しかも無茶苦茶なことばかり言われる当本人の日本が甘やかしてしまうからこの風潮はさらに悪化する。もしかしたら日本が韓国に甘いのは「朝鮮人をだめにする高度な戦略」もとい「日帝の卑劣な罠」かもしれない…

最終的な結論[編集]

日本がぜーんぶ悪い。

注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
以上の文章も嘘や出鱈目である可能性が高いです。
こんな厨二病みたいな自然があるラノベなんか売れる訳ねえだr……え、マジ?


関連事項[編集]