木曽川

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木曽川」の項目を執筆しています。

木曽川(きそがわ、敬称略)とは、長野県岐阜県や元愛知県三重県を活動の拠点として散々暴れまくった結果、それを悪く思っていた人々の手によって粛清された、自業自得なヤツである。

概要[編集]

時々、このように木曽川は橋を壊すこともあるので注意が必要である。

木曽川は中部地方を拠り所とし、長野県からかけて岐阜県、愛知県、三重県の一部を有史以来占領している。特に愛知県と岐阜県・三重県の県境付近一帯をこの木曽川が支配しているために、互いの県を行き来するのが難しく、愛知県において独自の文化が発展するようになり、最終的には愛知県が日本から独立するきっかけの一つになった(いわゆる名古屋共和国)。一方長野県の方では、山脈が多く気候が比較的厳しいので、木曽川はこの辺りをそれほど支配下に治めていない。

現在では、木曽川がとっている、あまりにも長く続く占領を各々の県は無視して、領土領空侵犯を起こして橋をかけたり、資源横領を平気に行っている。

木曽川の歴史[編集]

現在の木曽川は二代目であり、今から四百から五百万年前より一代目・故木曽川が当時の領土を支配していた。一代目木曽川は根が真っすぐな性格で、さして周りから嫌われたりしなかったが、一代目木曽川が二百万年ほど前に死亡し木曽川が二代目となると、曲解した性格であった二代目木曽川は領土近隣に住む人々に暴力をふるい、誰も手に負えないという事態が続いた。

しかしそれでも木曽川は飽き足らず、近くにいた長良川揖斐川を呼んで同盟を組み、人々への暴行はさらに過激になった。当時の尾張藩はこの状況を打開すべく薩摩藩(現鹿児島県)から応援に来てもらい、集結して対抗しようとし、不完全ながらも長良川・揖斐川の仲を疎遠にすることには成功したが、木曽川の暴力は止まらなかった。そして最終的にはオランダに助けを求め、ハゲデス・デ・レーケ氏によって木曽川の暴行をなくすことができた。それからは、二度とこのような暴動が起きないように、周囲の県は防壁を建設したり、さらにはそれを二重にしたり するようになった。

現在の木曽川[編集]

オランダから粛清を受けた木曽川は丸くなりつつあるが、支配下を広げようとし木曽川町たるものを作り、そこに住んでいた人々を「木曽川姓」にして自身の権力を誇示していた。だが2005年一宮市が攻め込んできて木曽川町をとられてしまい、木曽川姓だった人々も木曽川の支配から逃れようと木曽川町から全国各地へ逃亡し、現在では木曽川姓の人はたった15人ほどしかいない(参考資料)。

このように周りから反感を買って粛清されるという状況が生じたのは、支配の基礎が悪」(きそがわ(る)かったためであるのは言うまでもない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木曽三川」の項目を執筆しています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第11回執筆コンテストに出品されました。