木村まどか

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


木村まどか(クロンキスト体系)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: バオバブ属 Production
: 声優 V. actor
学名
Madoka Kimura
和名
木村まどか
英名
Madoka Kimura


木村まどか(きむら - 、学名madoka kimura、1980年1月28日 - )は、マメ科の一年草、またはその種子のこと。なお、原産地は福島県とされている。

特徴[編集]

農作物として主に日本国内で広く栽培される。多年草ではない。冬に播種し、種子は丸みを帯びていて黄色く普遍的だが、大きなものでは成人女性ほどにまで成長するので他のマメ科の植物と区別しやすい。過去の記録によるともっとも大きい個体で1.5メートルまで成長したものがある。しかし地中に伸びる根が非常に短い為、過度に成長すると倒れることもある。食用に適しているとは言い難い。でも年齢の割に可愛いから適していなくとも食べたい。

非常に丈夫であるため気候に左右されることなく栽培できる。保存についても同様で、特に日当たり等に注意する必要もない。ただし非常にころがりやすい為、同じ球状種である松来未祐等と同じく平地に置くのが好ましい。

近年、バイオマスエタノールへの転用の可能性が認められ市場で枯渇するほどの注目を浴びたが、トウモロコシやサトウキビに取って変わられた為に衰退の一途を辿っている。決して暗喩ではない。ただし全世界的に健康志向や健康食品ブームが続いているので、消費は低迷しているものの根強い愛好家の間ではいまなお優秀な食材として注目されているとかいないとか。

分類の変更について[編集]

長らくマメ科バオバブ属に属すると思われていたが、2010年8月に提出された報告によれば、これは誤りであることが確認された。 このため、新たな属として扱うべきか、それとも他の属に分類可能なのかは、研究者の間でも見解が分かれている。

また、一部の研究者からは、『そもそも独立した種として扱って良いのか?』というより根源的な疑問も提出されており、現在にいたるも学問的な合意は形成されていない。


その他[編集]

  • 若さ漲っているとは程遠い仕様故か、一部の好事家から失笑を買った経験がある。
  • 下ネタは好まないがガチホモという単語は好んで使用する。
  • 寺島拓篤のことを水島大宙のガチホモの友達と思い込んでいる節があるが、80℃以上の熱湯で茹でることによってアクと一緒に抜け落ちるらしい。
  • 口癖は「超ウケる」。そうは聞こえないがウケているらしい。
  • 「あと一人…誰だったっけ?」とか言ってはいけない。秘密兵器は最後まで取っておくものです。


存在が確認されている場所[編集]

魔法先生ネギま!シリーズ
主席番号2番の生徒(残念ながら名前を失念)として出演しているらしい。そんな生徒もいたかもしれない。
処女はお姉さまに恋してる
メインヒロインである厳島貴子の使い魔役を担当しているらしい。覚えてない。
  • 他にも出ているらしいが、重要な役所はこれ位である。本当に重要だったかどうかも謎である。

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「木村まどか」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)