未来都市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

未来都市(みらいとし)とは、来るべき人口増加と、それに伴う資源の不足を予測した上で、より住み易く、かつSFマインド溢れる誰が見てもカッチョイイように作られた都市の事である。

ただし、見た目をただカッコ良くしただけでは未来都市にはなれない。未来都市として認められるには、それなりの条件がある。近年、様々な国家が未来都市を計画中であるが、その殆どのデザイン案がボツになっている。中には、高名な美術大学の校長が政府に提出したが、提出して5分でボツが宣告され、自身の校舎もろとも爆薬で自爆したという事件もある。それ程、未来都市を建設するまでにも大きな試練が待ち構えているのだ。

画期的な未来都市の構想図

右の図は、ある学者が出した最も画期的だとされるデザイン案である。実にシンプルで分かり易いデザインだが、多彩な機能を内包しており、今世紀最優秀の未来都市構想図として認定されている。

未来都市での生活[編集]

未来都市では、今までの普段通りの生活がまったく別物になってしまうだろう。身の周りが常にテクノロジーの集合体であり、最先端の技術に支えられて暮らしていくのである。建造物の殆どは超高層ビルであり、その他は製品開発工場や科学研究所で埋めつくされている。

未来都市での移動手段[編集]

未来都市の中では、これまでの移動手段に加えて、技術の進化により実現したものも存在する。

  • 徒歩
移動の基本中の基本、まずは自分ので歩いて未来都市の素晴らしさを実感するべきだ。
  • エアカー
人類が追い求めてきた夢の空飛ぶ車である。よく鉄腕アトム恐るべき殺戮兵器の世界の中に出てくるスーパーマシン。未来都市では常にそこらじゅうを飛び回っている。
  • モノレール
これは現在でも有名な乗物の一つ。未来都市では電車ではなくモノレールが主流。
  • テレポート
驚異の技術により生み出された最高の移動手段。テレポーターに乗って、指定した場所へ瞬時に移動することができる。お台場で実用化されている。最寄り駅はりんかい線東京テレポート駅

未来都市の住人[編集]

未来都市には様々な住人が移住している。

ごく普通のホモ・サピエンスである。
異星から来た移民。容姿や性格、習性に様々なものがいる。
遂にロボットも人間と同じように生活ができるようになった。

ちなみに、住人の割合は人間が50%、宇宙人が30%、ロボットが20%である。

未来都市の機能[編集]

都市が歩行機能を持つ事は初歩的な事である

未来都市には、それぞれ特殊な機能が完備されているものもある。その機能は、必ずしも住人にとって便利という訳では無いが、ほぼ生活を豊かにする機能ばかりである。

  • 飛行機能
都市全体があたかも天空の城のように浮遊する機能。環境汚染戦争から逃れることができる。
  • シールド機能
都市全体をあらゆる放射線や攻撃から守る特殊なフィールドを展開させる機能。核戦争が起きても怖くない。
  • 天候機能
都市の内部の天候を変えることができる機能。スペースコロニーにも同様の機能が付いている。
  • 自爆機能
未来都市に残された最後の手段。内部から強力なエネルギーを放出し、大爆発する。使われないことを祈る……。

未来都市と宇宙都市[編集]

最も有名なスペースコロニー、サイド7の全景

よく未来都市と比較されるのが宇宙都市ことスペースコロニーである。このスペースコロニーは、宇宙空間に浮かぶ都市である。未来都市と共に人類の第二の故郷として注目されている。歴史上にも有名なコロニーがいくつか存在し、サイド7やサイド3(ジオン公国)等が挙げられる。未来都市と宇宙都市の二つは平行して開発プロジェクトが進められており、人民の期待を集めている。

関連記事[編集]