杉浦日向子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

杉浦 日向子(すぎうら ひなこ、1958年11月30日 - 2005年7月22日、ただし現代にいた期間であり生没とは異なる)は、16世紀ころの江戸で生まれた漫画家であり、エッセイストであるが、ソ連のスパイという裏の顔も持っていた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「杉浦日向子」の項目を執筆しています。

江戸から現代へ[編集]

江戸時代の中頃、日本橋の呉服屋に生まれる。生まれた直後に時空間のひずみに巻き込まれ、現代の東京に飛ばされたが、幸いにも生家である呉服屋の末裔に拾われた。

日本大学鶴ヶ丘高等学校を経て、日本大学藝術学部に進学。

大学在学中に、江戸の町に帰りたい一心からタイムマシンを発明する。杉浦の発明したタイムマシンは、単に時間を超えることが出来るだけでなく、身につけているものもその時代の風俗に合ったものに変化してくれるというとても便利なものであったが、他方で到着後その日のうちに帰らなければ永久に元の世界には戻れなくなるという制約もあった[1]

ソ連のスパイとしての活動[編集]

杉浦は、ソ連のスパイであったことを、著作の中で自ら明らかにしている[2]

大学時代にタイムマシンを発明したことがソ連の目に止まり、スパイとして就職することになったため、大学を中退。その後、スパイ活動のために頻繁に現代と江戸の町を行き来するようになる。

しかし、杉浦がスパイになった目的は、東京を破壊して江戸の町並みを復活させることであり、杉浦を雇ったソ連側の意図とはずれが生じていた。

1988年、『帝都物語』の著者である荒俣宏のことを関東大震災を起こした張本人だと勘違いし、東京を破壊して江戸の町並みを復活させるための破壊工作に利用できると考えて結婚する。しかし、1箇月後に杉浦がこの勘違いに気が付いたため、破局。半年で離婚に至った。

漫画家としての活動[編集]

杉浦は、江戸時代をテーマにした漫画作品を多数発表しているが、これは、スパイとして調査した結果をソ連に報告するための手段であった。報告は、雑誌『ガロ』に掲載するという方法で行われた。

1991年のソ連解体後、杉浦はスパイ仲間を集めて自ら「ソ連」を結成、首都圏のソバ屋を中心にスパイ活動を継続していたが、誰に対して報告を行っているのかわからなくなり、1993年、隠居を宣言して漫画の執筆を辞める。

江戸に帰る[編集]

1995年から2004年まで、NHKのテレビ番組「コメディーお江戸でござる」の中で「おもしろ江戸ばなし」のコーナーを担当。実際に江戸の町に生まれ、またタイムマシンでたびたび江戸を訪れていた杉浦にとって、いい加減な時代考証は許しがたいものであり、極めて的確で鋭い指摘がなされた。

しかし、「お江戸でござる」で解説を担当したことが、杉浦の江戸への郷愁を強めることになった。

2005年7月22日、江戸に帰りたいという思いが頂点に達し、ついに江戸への帰住を決意。自ら発明したタイムマシンで江戸の町へと飛び去り、二度と現代に帰ってくることはなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 『江戸アルキ帖』(1989年、新潮文庫)
  2. ^ 『ソバ屋で憩う』(1997年、BNN)

外部リンク[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg 杉浦日向子 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、杉浦日向子加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)