李天秀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「李天秀」の項目を執筆しています。

李 天秀(なべ・やかん、이천수1981年7月9日 - )とは大韓民国が開発した、最新型特急車両。 愛称はミレニアムスター号、ファンタジースター号、ミレニアム超特急号、アジアのベコム等。

李天秀号

大韓民国国内のみならず、過去にはスペインオランダ、現在は日本への輸出が成されており、同国の貴重な外貨獲得に貢献している。


概要[編集]

原型[編集]

伊軍との戦いで、閂を破壊する

李天秀号の原型は、第二次世界大戦中、対イタリア戦線で投入された朝鮮人技術者の手による秘密兵器であった、と朝鮮日報に記載されている。同紙は記事内で、当時イタリア軍の伝説的失態は、イタリア軍自身に原因があったのではなく、この秘密兵器の活躍あってのものだとも主張しており、事実ならば大韓民国の輝かしい歴史にまた新たな1ページが書き込まれることだろう。

尚、大韓民国朝鮮)が当時イタリア側枢軸国日本の植民地であった事実は歴史的ねつ造である、と同国ネチズンは主張している。

性能[編集]

李天秀号の雄姿

大韓民国技術力の結晶である李天秀号は、そのスピードと旋回性能に目を見張るものがある。その性能ははジェット戦闘機や八木真澄とすら比較されるほどである。

各方面からの評価も高く、レアル・マドリッドバルセロナという世界的な大企業へとオファーを出した。また、ロシアの大富豪アブラモビッチからオファーがあったと朝鮮日報が報じた。

さらに、やかんという秘儀も編み出している。

進化[編集]

大韓民国技術部のたゆまぬ努力により、李天秀号は日々進化を続けている。先端部の塗装による体感速度の上昇、ボディーペイントによるイメージ戦略、オプションパーツの装着による体高の上昇など、枚挙にいとまがない。


塗装を施された李天秀号
オプションパーツを装着した李天秀号


輝かしいエピソード[編集]

  • 大韓民国においてはあらゆる賞を総なめにしている。誇らしいですね。
  • イケメンゴリラなどと競ったブラジル曲線美コンテストで1位を獲得
  • 専属モデルを務めていたキム・ジユと2006年に破局。「みんなに李天秀の恋人と言われるのが辛く、 早く別れた事実が明るみになって欲しい」
  • オランダへの輸出当初、ソフトウェアに問題がみつかり、一端韓国へ送還された。

関連項目[編集]